ARTISTS
< >

OO-KAZU

幼少期からDance Musicに魅了され、1990年から活動を開始。より新しい音楽表現の場を求め、2001年からプレイスタイルをHouse Musicへと転身する。Deep House、Techno、Progressive Houseを軸に、土臭さとメロディアスの融合をテーマとしている。ジャンルの枠を超えた流行に捉われない幅広い選曲と繊細なミキシングで独自の深い世界観を作り上げる。自身がオーガナイズ兼レジデントとしても精力的に活動していた「House+」にて、その存在を確固たるものとした。現在は都内を中心にGUESTとしてもさまざまなパーティーに出演。数々の国内外著名アーティストとも共演を果たしている。着実なキャリアから培われた安定度の高いプレイを武器に「NITELIST MUSIC」のEMMA率いる「TROUBLE HOUSE@WOMB」TCPT主催の「VIVACE@AIR」にもレギュラーとして参加し、数多くのオーディエンスから高い評価を得ている。2009年からはトラック製作活動をスタートする等、楽曲製作にも力を入れている。2011年からは「NITELIST MUSIC」のK-Sobajima & Yohei Suzukiと共に「Amoral」を始動させる。このPartyは隠れ家的な雰囲気をコンセプトにしている為に、小箱ながら音響設備の整っている渋谷SIFTYにて開催され、各界の著名人からも注目を浴びている。また世界レベルで活躍する日本人テックハウス・プロデューサー。Satoshi Fumiと「-The Finest Deep Emotion- & -Deep Tech House-」をキーワードに 「SENSUAL@WOMB LOUNGE」をスタートさせる等、今後の動向にますます期待が高まるばかりである。