ARTISTS
< >

Kai Alce

NDATL MUZIK

デトロイトハウス新時代を切り開くプロデューサー/DJ、Kai Alce。Theo ParrishやMoodymannを代表的なアイコンとし世紀を越えて大きな盛り上がりを見せたデトロイトハウスを、ロウでザラついたマシンソウルで、Omar-Sらと共に次のステップへと導いている。もともとディスコ好きだった少年時代のKaiだが、Kurtis Blowを小学校で見たことによりダンスミュージックへの興味に火がつき、Music Institute(80'sデトロイトの最重要クラブ)およびその支配者であった伝説的DJ‐Electrifying Mojoを体験することで爆発、このデトロイトでの体験がKaiの音楽的バックグラウンドである。ともすれば、現在もデトロイト在住と思われることが多いが、実は住居はアトランタ。しかしNY/Detroit/Chicagoとハウス都市を移住しており、各都市が独自に持つサウンドは確実に彼の音楽性に影響を与えている。一部のタイトルがレア化までしているKai主宰の人気レーベルNdatl Muzikのリリースを見れば、ジャジーなボーカルハウスからロウで真っ黒なアンダーグラウンドハウスまで、その多様性を伺うことが出来るだろう。もちろん自身のプロダクションも80年代のRoland製ビートマシン・ベースマシンを荒馬のようにドライブさせるダーティトラックから、セクシーなディープハウスまで幅広く披露しているが、そのすべてに彼のソウルが迸っているのが素晴らしい。彼のDJはディープハウスはもちろんテクノ、ガラージ、そしてソウルミュージックまで、時に暴力的に、時に官能的に紡ぎあげていくサウンドジャーニー。その間違いのないプレイを心ゆくまで堪能してほしい。