ARTISTS
< >

A-TRAK

 

アレン・マクロヴィッチが初めてレコードをスクラッチしたのは13歳のときだ。1995年のことだったが、ターンテーブルは彼の父親のもので、まだミキサーはなかった。しかし、彼は誕生日のときにもらったお小遣いで中古のテクニクス1200ターンテーブルとミキサーを購入した。その後、他の子供達がスポーツやテレビに夢中になっている間、放課後になると彼は家の地下室にこもって DJの練習をしたり、ピート・ロック、DJプレミア、ジャジー・ジェフのレコードを聴いたり、DJビデオを研究したり、兄のデイヴに新しく学んだスクラッチを披露した。

2年後、まだ脇毛もロクに生えていないモントレオール出身の彼は、 DMCワールド・チャンピオンの座を獲得し、Qバートとミックスマスター・マイク率いるベイ・エリア出身のDJクルーであるインヴィジブル・スクラッチ・ピクルスの名誉会員となった。このクルーの解散後、彼はマイアミのDJクレイズとアライズという新しいチームを結成した。その後、A-TRAKは1999年と2000年のITFワールド・チャンピオンシップで優勝し、1999年ベスタクス・ワールド・エクストラバガンザと2000年DMCチーム・チャンピオンシップでクレイズと共に優勝した。最年少のワールド・チャンピオンになった以外に、彼は世界の3大タイトル(DMC、ITF、ベスタクス)を獲得し、5つのワールド・チャンピオンシップで優勝した唯一のDJとなった。18歳の若さでA-TRAKはDJバトルから引退することを決意した。

ターンテーブリスト・シーンで A-TRAKは「最高のDJ」という栄誉を獲得し、彼の革新的なルーティーンはテクニカルな面で限界に挑戦しながらも、一般的なリスナーを魅了することに成功した。彼はスクラッチのための革命的な楽譜システムを開発し、このシステムを利用してスクラッチ・パターンやソロを採譜できるようになった。そして、彼がDJバトル用に制作したレコードもカルト的人気を誇り、世界中の大会で多用されるようになった。兄のデイヴ1(今やクロメオのメンバーとしても有名)と共にA-TRAKはオーディオ・リサーチというインディ・ヒップホップ・レーベルを設立し、ヒップホップ・シーンで絶賛される作品をリリースした。A-TRAKはピーナッツ・バター・ウルフのストーンズ・スロウ・レーベルともコラボレーションをし、彼が制作した7インチは「Jukebox 45s」コンピレーションにも収録された。

1998年以降から彼は世界中をツアーし、北米とヨーロッパを何度も横断しながら、日本を5回、オーストラリアは夏になると毎年訪れた。彼は中国、アイスランド、南米、ハワイなどの奥地でもパフォーマンスをしたことがある。今でも彼はコーチェラ、レッド・ブル・ミュージック・アカデミー、オーディオティスティック、モントレオール・ジャズ・フェスティバルなどのオーディエンスを魅了しながらも、汚いヒップホップ・クラブをロックしている。

A-TRAKのライヴ・セットは最先端のターンテーブリズム・テクニックとパーティー・ロッキングを融合させた内容となっている。彼はサンプラーとエフェクターを導入したDJルーティーンでオーディエンスを必ず唖然とさせる。同時に、彼はヒップホップ、クランク、ベース、クラシック・エレクトロ、ダンスホール、80年代のファンクなどあらゆるジャンルをミックスしたエクレクティックなDJセットでも知られている。そしてマイクを握るときの彼のコメントは必ず笑いを誘うのだ。

2004年の夏、 A-TRAKがロンドンのレコード店でプレイしているところをカニエ・ウェストに目撃され、ツアーDJに誘われた。彼らは北米で40都市のツアーを敢行し、2ヶ月間も2万人収容するスタジアムでソールド・アウトのライヴを行ってから、ヨーロッパと日本を訪れた。カニエがスタジオに入ると、コモンの絶大な人気を誇った「Be」、そしてカニエのセカンド「Late Registration」でスクラッチャーとしてA-TRAKを起用された。カニエとA-TRAKはこのクラシックとなったアルバムをプロモートするために今もツアーをしている最中だ。

A-TRAKは世界中で体験した冒険をビデオで撮影し、2006年初頭リリース予定のDVD「Sunglasses Is A Must」のためにコンパイルした。彼はファースト・アルバムをレコーディングしている最中で、この作品はスクラッチ主体の楽曲や、サンプリングを導入したプロダクションをフィーチャーしており、ディップセットからMFドゥームまで彼のお気に入りのMCが参加している。テクニカルな実験とダンスフロアの興奮を彼ほど自然な形で融合させているDJはいない。そして、今後も彼から目は離せないだろう。

言い忘れたが、 A-TRAKは牡羊座だ。