ARTISTS
< >

KREVA

 その活動の軌跡には常に"HIP HOPソロ・アーティスト「初」"という肩書きがつくアーティスト。
HIP HOPの殿堂「B-BOY PARK」のMCバトルで3年連続日本一の栄冠に輝く実績を持つ。

1996年、幼なじみのCUEZEROとのユニットBY PHAR THE DOPESTを経て、1997年、LITTLE、MCUと共にKICK THE CAN CREWを結成。2004年6月に活動休止後、ソロ活動に専念。
同年9月8日 (クレバの日)にメジャー・デビューシングル「音色」をリリース後作品を発表し続けている。2006年2月リリースのセカンド・アルバム「愛・自分博」は HIP HOPソロ・アーティストとしては史上初となるオリコン・ウィークリーチャート初登場1位を獲得。またライブも精力的に行い、夏&冬のFES出演はもちろ ん、HIP HOPソロ初の全国ホールコンサート、日本武道館2 Days、さいたまスーパーアリーナ2 Days、大阪城ホール、横浜アリーナ2 Daysと伝説を生み続け、動員記録を塗り替えている。

さらに日本人初HIP HOPアーティストとして初となる「MTV UNPLUGGED」への出演や草野マサムネ(Spitz)氏、久保田利伸氏、布袋寅泰氏や亀田誠治氏などとの共演を経て、その作品力に磨きをかけソロデ ビュー5周年を迎えた2009年9月8日(クレバの日)には、4thアルバム「心臓」を発売。
同日、SHIBUYA-AXにて全国ツアー「KREVA CONCERT TOUR '09-'10「心臓」」をスタートさせ「どんな会場でもロックする!」をキーワードにROUND ZERO、ROUND1、ROUN2と会場規模を変えて全29公演を行い、2010年1月、2月にROUND3「大阪城ホール、横浜アリーナ2DAYS」 でFINAL公演を行い大盛況におさめた。9月には自身初となるミニアルバム「OASYS」をリリース。サンプリングを封印しシンセサイザーによる打ち込 みのみで楽曲を制作、新境地を開いた。さらに、10月にはバックバンドメンバーに小室哲哉氏を迎え、日本武道館で「意味深3」を開催し圧倒的なパフォーマ ンスを魅せつけた。

2011年は、第一弾シングル「挑め」を2月16日に発売。3月30日には東日本大震災の発生を受けて「EGAO」を緊急配信リリース(※)。5月11 日に第二弾シングル「C’mon, Let’s go」を発売、また自身初の書籍「KREAM ルールなき世界のルールブック」(幻冬舍)を5月20日に出版。
また5月25日~28日には、アジアの新しい音楽拠点であるシンガポールで開催された国際規模の音楽会議「MUSIC MATTERS」に招聘され、日本代表として参加。KREVAは世界各国から集まった音楽業界の主要人物によるパネルディスカッションにもゲストスピー カーとしても出演。国際会議後はイベントの一貫として6カ所でライブが行われ、KREVAは「ARENA」でソロとしては初の海外でのライブも行い、この 模様はUstreamで世界同時生放送される。

7月20日、第三弾シングル「KILA KILA / Tan-Kyu-Shin」をリリースする。連続シングルリリース、初の書籍出版、初のアニメ番組「爆丸」への書き下ろし楽曲提供など精力的な活動を続けている。
9月8日(クレバの日)には、いよいよ待望の5枚目のフル・アルバム「GO」をリリース。そして10月28日、29日と日本武道館公演を行う予定。

HIP HOPシーンのみならず日本の音楽界最重要人物のひとりである。