ARTISTS
< >

HIROFUMI OHTA

2002年、Bob MarlyファミリーのDrum & Bass、Dub Stepアーティスト「KEVENS」に才能を見出され、プレイの拠点をアメリカへと移行。2003年、Kraftwerk、Pharoahe Monch、Hieroglyphicsをヘッドライナーにした「CYBERFEST/CALIFORNIA USA」。そして、毎年アメリカのマイアミで行われるUS最大のダンスミュージックフェスティバル(10万人以上集客)WMC公式イベント、「ULTRA MUSIC FESTIVAL MIAMI」に日本人として初出演。2003年から8年連続出演し、2003年「Mauro Picotto」、2004年「Sander Kleanenberg」、2006年は、2004年度グラミー賞3部門にノミネートをされた「THE KILLERS」のオープニングDJをメインステージで勤めた。2007年、ドイツのレーベル「Euphonic Records」の10周年を記念するコンピレーションを監修し、CD、iTunesとリリース。2008年から楽曲制作をスタート。ファーストシングル「SAKURA」をi-Tunes、KINGBEATからリリースし、auクラブ着うたランキングの第一位を獲得。2009年、1998年に英国紙DJ MagランキングNo.1に輝き、MadonnaのワールドツアーのオープニングDJを務め、Madonna「Celebration」で、2010年度グラミー賞にノミネートされたPaul Oakenford から リミキサーに抜擢され、「Mesmerized」、サッカーFIFA World Cup 2010 in South Africa大会、メキシコチームオフィシャルソング「Viva Mexico 」の2タイトルをリミックス。また、「Mesmerized」においては、殿堂入りを果たしたジャズ・フュージョン界のスパースター「Wether Report」のパーカッションアーティスト「Robert Thomas Jr.」とのコラボを実現。2010年、ニューシングル「Vision」をリリースし、 J-WAVE FM × MySpace × 雑誌「From JP./ Real」コラボ生番組『RADIO × SPIDER』のオープニングテーマ曲に選ばれ、また、2014年には朝の情報番組、日テレの「スッキリ ! !」のBGMに採用。2011年、ビルボード・アルバム・チャート第1位に輝き、MTV AWARDにノミネートされた「Lupe Fiasco 」のサードアルバム「Lasers」から、「Break The chain」をリミックス。2013年 、Paul Oakenfold Japan TourツアーにおいてオープニングDJを務める。2014年、Skazi Japan TourツアーにおいてオープニングDJを務める。2015年、Magic Trance Feat. Ronski Speedを成功させる。2016年、グローバルスタンダードで、ボーダーレスなMIX新パーティ「EM - Electric Music」を始動させる。HIROFUMI OHATの洗練された選曲力とミックスセンスは定評で、House, Progressive, Trance, Edmと、ジャンルの枠を超える独自のプレイスタイルは多くの人々に愛と喜びと感動を与え、確実な存在感とパッションで多くのクラウドを魅了し続けている。


Hirofumi started his career as a DJ, at the legendary night club in Japan in 1985. He had successfully produced monthly party including sound production of high-end fashion shows and hair and make up shows and back drop sounds to other notable industry events. In 2002, Hiro was discovered by the live Drum & Bass, Dub Step artist "KEVENS", when he performed in Japan. When Kevens saw Hiro play, he thought that Hiro's solid spin technique and unique style would be appreciated in the U.S., UK and other leading market in industry world wide. Since then, he has started performing in the U.S. Hiro was the first Japanese DJ who performed at the world renowned Ultra Music Festival in 2003, in everyone's favorite spot to party, Miami Florida. (Currently, the official party of Winter Music Conference) Since Then, he has gone on to grace the same stage 8 years in a row, with Underworld, The Chemical Brothers, Prodigy, Paul Oakenfold, Tiesto and many superstar artists.Through years of dedication, creativity, imagination, and practice, he created his unique style. The style of "Hirofumi Ohta" which exceeds the frame of the various genres House, progressive, Trance, Edm has brought together his motto "one love".In 2006,Hiro opened up for "The Killers" on main stage of Ultra Music Festival in Miami US.In 2006,Hiro opened up for "Junkie XL" of One Love Music Festival Party in Japan.In 2006,Hiro performed with "Duran Duran, Daft Punk&Tiesto" of Bang Music Festival in Miami US.In 2008,Hiro performed with "Ferry Corstin, Junkie XL, Crystal Method, Tommy Lee" of Ultra Carry On UMF After Party in Miami US.In 2008,Hiro performed with "Ronski Speed" of ageHa Tokyo party in Japan.In 2008,Hiro performed with "Ronski Speed" of Triangle Osaka Party in Japan.In 2009,Hiro Performed with "Paul Oakenfold, Hernan Cattaneo, Infected Mushroom, Danny Tenaglia, Fedde Le Grand, BT" of Ultra Carry On UMF After Party in Miami US.In 2009,Hiro performed with "Ronski Speed" of Triangle Osaka Party in Japan.In 2010,Hiro performed with "Flash Brothers, JES "of Ultra Music Festival in Miami US.In 2013,Hiro performed with "Astreix" Joule Osaka Party in Japan.In 2013,Hiro opened up for "Paul Oakenfold" of Joule Osaka Party in Japan.In 2014,Hiro opened up for "Ska-zi" of Duce Sapporo Party in Japan.In 2015,Hiro opened up for "Ronski Speed" of  Party in Japan.