ARTISTS
< >

Marc Antona

Dissonant

世界中に自らの独特なサウンドを広めるべく、長年にわたって先進的なアングラ音楽をプロデュースし、世界的に有名な会場でライブを行い、ミックスを披露してきたマーク・アントナ...

マーク・アントナの作品には、イベリア地方の影響が強く感じられる。イビサに自身のスタジオを持ち、その土地柄について「穏やかな自然と驚くべき音楽シーンのコントラストが鮮烈でエネルギッシュだから、音楽製作にあたって多くのアイディアが浮かぶ」と、好意的に語っている。
ミュージシャンとして感じたことを通じて、マークが「音楽による旅を作り出し、人々を彼の世界に連れて行って、幸せから憂鬱、エネルギーあふれる瞬間から深いうねりにリラックスする時間までさまざまな感情の変化を楽しませること」にそそいできた情熱が成長を遂げ、彼の最新トラックで開花していることは明らかである。

2012年、マーク・アントナのスタイルが世の脚光を浴びる事となる。ビートとキックの合間に隠されたグルーブとメロディーでいっぱいのトラックやライブセットによるジャーニーという形の音楽だ。 大きな成果を上げた1年であった。
オーストラリアや東京の WOMB でのパーティ、Dissonant and Moon Harbour での tINI (Desolat) とのコラボレーション、アダム・ベイヤーのレーベル TrueSoul でのリリース、Re-UP のための Upon You のリミックス、彼自身のラベル Dissonant でのリリース...

ピークを迎えたのは、マルコ・カローラから彼がイビサの AMNESIA で開く Music On というパーティに出演するよう誘われたときだった。 Music On は、ロケットスタートを決め、一夜にして今年最も成功したパーティーとして最大の衝撃となったのである。マルコ・カローラと音楽的にも人間的にも尊敬しあうマーク・アントナは、夏以降も Music On に出演し、この大冒険のメンバーという立場を楽しんでいる。

2010年から2011年にかけて、自身のエレクトロニックミュージック観を強調していくべき時が来たと感じたマーク・アントナは、独立したプロジェクトに乗り出し、自身のレーベルである Dissonant を立ち上げることを決めた。 その年、マークはそのレーベルから評価の高い3枚の EP を出しただけでなく、彼の最初のフルアルバム『Rules Of Madness』のコアとなったコンセプトを元に、発展を遂げて見せた。 Dissonant から発表した最初のアルバムとなったこの作品を通じて、マークは彼がセクシーなアングラ音楽に望むものについての彼自身の創造的なビジョンを示した。 有機的なチューンは、隠れたメロディーと根底にあるエモーショナルな雰囲気に満ちていて、彼がライブのパフォーマンスで経験したバイブスを送り出し続けている。

以前、マークは何年にもわたって Mobilee、Highgrade、Freak N'Chic、Micro-Fibres といったレーベルで冒険的なエレクトロミュージックをプロデュースし、リリースしていた。かつてのレーベル「Micro-Fibres」からは、「Sharks」や「Neurons」といったヒット曲が何曲か生まれ、あらゆるチャートの1位を飾った......。さらに、マークは彼の世界観と合った名門レーベルとの契約していき、Freak N'Chic での「Xtension」、Mobilee での「One more sugar」、Sender Records での「Not a serious thing」など、さらなるヒット曲がこうして生まれたのである。

心と精神、そしてフロアとその間にあるすべてのもののために、マークは有名な箱で何度もパフォーマンスを行ってきた。いくつか例を挙げるならば、FABRIC (ロンドン)、PANORAMA BAR、WATERGATE、WEEK-END (ベルリン)、SPACE、PACHA(イビサ)、REX (パリ)、GOA (ローマ)、TENAX (フィレンツェ)、BARRACA (バレンシア)、GOA@FABRIK (マドリード)、D-EDGE (サンパウロ)、STREET PARADE (チューリッヒ)、CIRCO LOCO (ロンドン、ローザンヌ)、AMNESIA(イビサ) などだ...

マーク・アントナの音楽は、テクノが官能的でありえるという何よりの証明だ...


Marc Antona has been spreading for years his unique sound across the world, producing advanced underground music and performing live and DJ-sets in world's most famous clubs... Marc Antona's Iberian influence is laid bare throughout : having his own studio in Ibiza, he fondly says that the white island has "so much contrast between the peaceful nature and the amazing clubbing scene, with so much energy that ideas are plentiful when it's time to make music. Throughout discoveries as a musician, Marc's passion for "creating musical trips, taking people into his world and making them enjoy the changes of moods from happiness to melancholy, from energypumping moments to relaxing deep waves" has developed and is now clearly on point with his latest tracks.

2012 sees Marc Antona。 style recognition : music as a journey with tracks and DJ-sets full of hidden grooves and melodies within the beats and kicks. It has been a heavy year : parties from Australia to Womb Tokyo, collaboration with tINI (Desolat) on Dissonant and Moon Harbour, release on Adam Beyer's label TrueSoul, remix for Re-UP on Upon You, releases on his own label Dissonant...

Peakpoint has been Marco Carola's invitation to play for his Music On party at Amnesia in Ibiza. Music On has had a rocket-start and has quickly gained his status of most successful clubbing event and biggest revelation of this year ! Sharing with Marco Carola a full musical and personal respect, Marc Antona goes on with Music On after the summer season and enjoys being part of this geat adventure.

In 2010-2011, Marc Antona had decided to embark on his independent project and create his label, Dissonant, when he felt the time was right to stress on his own vision of electronic music. On that year, not only did Marc put out three highly praised EPs on his label, he also built and nurtured its concept to what has been the home of his first full length album 。・Rules Of Madness'. Thru this first album on Dissonant, Marc showed his own creative vision of what he wants to be sexy underground music : organic tunes full of hidden melodies and underlying emotional ambiance whilst keeping the pumping vibe experienced in his dj-live sessions.

Before, Marc had been producing and releasing his explorative electronic music on labels such as Mobilee, Highgrade, Freak N'Chic or Micro-Fibres for years. Nothing more than a few hits had already been produced through his former imprint "Micro-Fibres", among them "Sharks" or "Neurons", topped at all charts first places... In addition, Marc quickly added signings at prestigious labels which sounds fitted his universe : more hits came out of these releases, as "Xtension" on Freak N' Chic, "One more sugar" on Mobilee or "Not a serious thing" on Sender records !

Matter of fact, for the mind and spirit, but also for the dance floor and everything in between, Marc has performed many times dj-sets at reknown clubs, such as Fabric (London), Panorama Bar, Watergate, Week-end (Berlin), Space, Pacha (Ibiza), Rex (Paris), Goa (Roma), Tenax (Firenze), Barraca (Valencia), Goa @ Fabrik (Madrid), D-Edge (Sao Paulo), Street Parade (Zurich), Circo Loco (London, Lausanne), Amnesia (Ibiza) ... to name but a few Marc Antona's music is the best proof that techno can be sensual