ARTISTS
< >

Chris Lattner

1972年にハノーバーで産まれたChris Lattnerはディスコミュージック好きの両親の影響を受けて成長した。16歳の時に手に入れたTechnics1210は音楽への情熱を開花させ、間もなくレコードをプレイし始める。1990年、ハノーバーで初めてのテクノパーティーを開催、10年後の2000年活動を一旦休止し数年間はライプツィヒへで生活の拠点を移していたが、オーストリアのPulse Radioの初めてのインターネットラジオ番組"The sound of Berlin"でのホストをきっかけにミュージックシーンへと戻り、同時に自身のプロダクションを制作し始める。2008年、デビュー作品「Hypnotoad」を[WBA-Records]から発表。1年後にはEinmaleinsと初のEP「Definition」をサインし、翌2009年に2月には「Limbo Taxi」と立て続けにリリースを重ねた。[Moon Harbours]から発表されたミックスCD『Moon Harbours Inhouse Vol.3(Dan Drastic)』には「Two In One」が収録。UKのレーベル[Fear of Flying]「Pawas」のリミックスを手がけ、2009年4月、コンピレーションアルバム『The Lab(Loco Dice)』に「African Children」が使われた。更に[Luna Records]、[Fear Of Flying]とリリースを重ね、[Einmaleins]の記念すべき50リリース目にはChrisの楽曲が抜擢された。2010年1月、「Sick」はLoco Dice, Matthias Tanzmann、Lauhaus、Gorgeなど数多くのトップアーティストのチャートにもランクインしResident Advisorの年間チャートトップ50位に入るなど輝かしいEPとなり、それをきっかけに[Moon Harbour]の一員となることとなった。2011年5月、[Supernature]からAudiofly「Sweeter Than Remixes」をTiefschwarz、Dyed Soundoroumとともに作成し、名門[NRK]からLewis Boardman「Mist」のリミックスがリリースされるなど飛躍の年となる。翌年は積極的なDJ活動を一旦休止を決定し、限られた特別なギグのみに活動を制限している。