ARTISTS
< >

Pepe Bradock

atavisme

あのピンクの象の男、Pepe Bradock。彼は、テクノの主要な楽器はヴァイオリンとタンブリンだとクラバー達に説いている。1972年10月3日、フランス、カーニュ・シュル・メールにて、音楽好きの両親により生を受けた。その数ヶ月後家族はパリへ移るが、1970年後半の文化改革の後、農村へ移住。10年ほどの田園生活後、再びパリに戻る。Pepe 14歳、ギターを始め、学校をさぼり始める。Pepe 18歳、アンプやドラムマシーンやディレイに興味を持ち、20歳の頃はピザの配達等の仕事をしながら、スプレー缶でのペイントを趣味とする。しかし、黒い円盤には興味を持ち続け、日本文学を読み漁りながらも、レコードショップ“du quartier Latin”で掘り続けていた。いくつかのJazz FunkやHip Hopのバンドを渡り歩いたが、LCDスクリーンと極東からのプラスティック箱と共に歩む道を選ぶ。Hip Hopの楽曲制作手法と、90年代初頭にあった純粋なレイブ精神をいかに組み合わせるかを模索した。そして、フランスのレーベル、KIFからリリースされた“Deep Burnt”の大ヒットによって彼の名は世界的に知られることとなり、イリノイ州とミシガン州の催眠療法士から多大な影響を受けた満州のターンテーブリストとして、世界中でDJする機会に恵まれた。‘00年、自身のレーベルAtavismeを始め、楽曲はもちろん、レーベルのアートワークやその他を含め、彼のその独特の世界観を表現している。最近Acid Testから強烈な12”を1発リリースしたところである。