ARTISTS
< >

Stephane K

1996年以来、 常に新しいスタイルのハウスミュージックを追求し、多大な影響力を持つミュージックプロデューサー Stephane K。New Yorkのハウスシーンにおいて彼がもたらした功績は誰もが知るところである。

Stephaneは彼のパートナーであるJohn Creamerと共に2001年度にSatellite Records傘下のPipelineから数曲のメガヒットリミックスをプロデュースし、プロデューサーとしての名を世界に轟かせることになった。

まずは、ブレイクのきっかけになったKosheenの 'Hide U'とヴォーカルハウスとして完成度の高いリミックスSatoshi Tomiieの “Love In Traffic”である。

その後、IIO ”Rapture”のRemixが世界中で大ブレイク!アナログ盤にもかかわらず20万枚以上のセールスを記録、CD,コンピレ-ションを合わせると60万枚を超える大HITとなり、イギリスのHITチャートの常連となる。

2001年にはMuzik Magazine Dance Awards 2001の“Remixer Of The Year”を獲得。 リミキサーとして世界の頂点に立つ。

その後はNew Order, Sinead O'Connor, Moby, Crystal Method, Hybrid, Yoko Ono などのメジャーアーティストから, Danny Tenaglia, Cevin Fisher, DJ VibeなどのTop DJのRemixまで手がける。

2002年、BedrockよりMix CDをリリース。2005年は、 Malilyn Manson の"Nobodies" 、TATUの”All About Us” のRemix , そしてオリジナルのRosko “Love Is A Drug” が全米ビルボード誌ダンスヒットチャートNo'1獲得!

その様々な要素で混成されたサウンドのスタイルは彼自身のオリジナルであり、簡単には言葉で表すことが出来ないだろう。あえて形容するならばセクシーな曖昧色、危険な催眠色、強い音に込められたトライバル色というような神秘的な混成具合である。

そしてそのサウンドには、John Digweed, Danny Tenaglia, Danny Howells等のメジャーDJ、さらにはオノヨーコといった芸術家までもが絶賛したえず注目している。

2011年は USのKultからアルバムをリリース。また、活動拠点を日本に移し、固定概念にとらわれないクリエイティブ集団として東京クラブシーンの話題になっているWEEKEND WARRIORZに加入。

シーンの最前線で高い評価を得るそのサウンドで、Stephaneが送り出す作品は、間違いなく世界のハウスシーンにセンセーションを巻き起こし、新たなカテゴリーを絶えずプロデュースしている。

DJとしての活動も2001年にDJ Magazineの表紙を飾って以来多忙を極める。

今までツアーに出た国はイタリア、スペイン、イギリス、ポルトガル、チュニジア、南アフリカ 共和国 、スイス、ハンガリー、スロバキア、リトアニア、ポーランド、ルーマニア、ブルガリア、ウクライナ、ギリシャ、キプロス、中国、台湾、インドネシア、マレーシア、シンガポール、カナダ、メキシコ、アルゼンチン、ドミニカ共和国、コスタリカ、ロシア、インド、スリランカ、米国、日本、トルコ、セルビアなどがある。

 

 

Whats the Stephane K sound its - very deep, often dark and always sexy as hell - straight from the grooviest alleys of New York City and into the world’s best clubs. supported by Superstar DJs John Digweed, Danny Howells, Danny Tenaglia and Pete Tong who took Stephane K sound and made it an international sensation. What was “the new sound of New York” has gone well beyond the banks of this metropolis and is now a globally supported sound- a dark twisted tribal groove that will have you rocking and wanting more. There is a certain texture and mood to every track. Stephane has an affinity for good, quality vocals (but not the over-the-top diva kind), steamy percussion and twisted, tribal efx. This formula has been used time and again in the construction of some of the most popular remixes of the last decade.

Stephanes discography reads like a who's who of electronic and major commercial releases of the last 10 years- turning his underground touch to a host of releases from major and underground labels as well as releasing a host of solo works

Most notable are the remixes of Kosheen's "Hide U" (which won them remix of the year at the 2001 Muzik Awards, entered the UK Top 10 at # 6 and topped Billboard's Hot Dance Music / Club Play chart), Sinead O'Connor's "Troy" (topped Billboard's Hot Dance Music / Club Play chart) and Iio's "Rapture" (hit #2 on both the U.K. singles chart and on the Billboard Hot Dance Music/Club Play chart.) Beyond remixing, their acclaimed original productions including "I Love You" and "Wish You Were Here" continue to earn them respect worldwide.

Stephane during his collaboration period with john Creamer created the global smash Iio "Rapture" (John Creamer and Stephane K remixes, and went on to remix a host of legendary artists, including Satoshi Tomiie, New Order, Crystal Method, Sinead O'Connor, Moby, Danny Tenaglia, Hybrid, Dubpistols, DJ Vibe, Marilyn Manson and even Yoko Ono... In 2011 He's working on new projects with John Creamer, Koutarou A, and releasing primarily on the US label Kult.