ARTISTS
< >

Mr. Mageeka

Mega MC として様々に長い間キャリアを積んできました。UK Garage のまさに黄金時代、ロンドンのレイブで大活躍し、Mos Wanted Mega といいう名義でグライムプロデューサー Bless Beats と一緒にプロダクション方向へシフトしました。その時に Wiley, Jammer, Badness などに楽曲を提供もしてました。Mr. Mageeka としてのハウスプロデューサーとして最初のリリースは2010年 Numbers から Different Lekstrix をリリース。Rinse FM で最初にかけられたこの UK Funky とハウスの結合は周辺待望のリリースでした。2011年 Phutureshock Muzik から Vintage Malarkey / De Congo をリリース。エレクトロ、グライム、トライバルハウス、サンバから広く影響を受け、UK ハウスの中心軸に的を得たこの曲は Scratcha と Marcus Nasty などから手厚いサポートを受けました。こうした過程を経て Diskotopia でリリースをする Mr.Mageeka。ロンドンの音楽シーンの過程を知り尽くし、シャープさもありながら、暖かい一面も持つ彼ならではの曲です。