ARTISTS
< >

ラッパ我リヤ

走馬党/POSITIVE PRODUCTIONS

1993年にMMC三好(現 三善/善三:REALSTYLA)を中心に、MC QとDJ TANAKEN
(現 BACKGAMMON)と共に結成したのがラッパ我リヤ。
個性的なグループ名の由来は、いつでもどこでもラップしたがる“ラップしたがりや”と、ワックなMCを退治する“ラッパー狩り屋”という言葉の造語からきている。
95年、VA/“悪名”に参加した後、96年初の単独名義となるミニアルバム“ヤバスギルスキル Pt2”をリリース。DJ KENSEIのプロデュースの元、アンダーグラウンドヘッズを狂喜乱舞させるドープな「我リヤワールド」を確立。
97年には、MC Qが自ら党首となって立ち上げたレーベル、“走馬党 Entertainment”
から「言葉の科学」をリリース。98年にはファーストフルアルバム「SUPER HARD」を発表。日本語ラップのクラシックスとして、今も根強い人気を誇っている。
その他、山嵐やDRAGON ASHなど、ミクスチャーバンドとのコラボレーションにも精力的に参加し、幅広い層からの人気を得る。
02年に発表したシングル、「Enter The 我 〜燃えよ!我リヤ〜」では、誰もが知っているブルース・リー主演映画、「燃えよ!ドラゴン」のテーマを大胆にサンプルしたキャッチ−なトラックで、今までとはまた違った魅力を見せつけた。
03年には、ヒップホップスターとしてのステータスとも言える映画主演を「3on3」にて実現。同名のサントラ盤も手掛け、そちらも人気が高い。
更に、年に一度のHIPHOPの祭典、「B-BOY PARK2003」のテーマ曲にラッパ我リヤの“NORINA”が大抜擢、当日のステージでも見事にラストを飾った。
そして、今夏、2年振りとなる4thアルバム、“RG A.I.R. 4TH”を発表。
本作では、我リヤ史上最大となる外部とのコラボレーションを実現。FIRSTKLAS、ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、般若(妄走族)、SOUL SCREAM、UZI、AKTION、KID CAPRIという、我リヤならではの幅広いアーティスト陣が参加!
内容の方は、パーティーながらも彼等らしく一本筋の通った仕上がりで、クラシックな一枚となっている。
そして、03年12月には山田マンがソロアルバム“MESSAGE”を発表し,ますますその可能性の幅を広げている。そして、Q、DJ TOSHI各人それぞれの活動にも目が離せない。
(関連サイト:http://www.posi-pro.com)