ARTISTS
< >

MELO

SWE

メロとして知られているニルス・タルは、スウェーデンの南部で生まれ、家族から音楽の影響を多大に受けて育つ。叔父アンダーズ・グレンマークは、スウェーデンのポップ、ロックシンガーとして知られ、スウェーデンでも最も成功を収めたプロデューサー/ソングライターの一人と言われている。

幼少の頃から、音楽に関する才能はずば抜けており、4歳のときに与えられたドラムセットを使いこなし、7歳には既にドラムトラックを作り上げるようにまでなっていた。高校入学後、ピアニストとしての能力も卓越したが、歌手としての道が彼の才能を更に輝かせることになる。

当時彼は、伝説と呼べるアーティスト、マイケル・ジャクソンやスティーヴィー・ワンダーに深く感銘を受け、ソウル/R&Bでのキャリアを目指していた。その後、ストックホルムにある音楽院で、今となってはスウェーデンでも有名なハウス・ミュージックのプロデューサー/DJ、そしてピアニストのラスマス・フェーバーと出会い、2000年代始めにレコーディングを開始。ヒットシングル"Never Felt SoFly"、"Get Over Here"や"Come With Me"などを作り上げた後、ラスマスとパーカッショニストのトーマス・エビーと世界中をツアーし、多忙な日々を過ごす。ここ最近では、スウェーデンでも人気のスカ・バンド [Hoffmaestro & Chraa] のデビューアルバムに参加している。

ソウルとR&B以外でも幅広く活躍するメロは、魂のこもったヴォーカルで、これからも多くの人々を魅了し続けることであろう。