ARTISTS
< >

Latif

キダー・マッセンバーグのモータウンから2003年に『Love in the First』でアルバム・デビューを果たしたフィラデルフィア出身のR&Bシンガー。本名のコーリー・ラティーフ・ウィリアムズ名義ではソングライターとしても活動し、ミュージック・ソウルチャイルド、クリス・ブラウン、キャシー、そしてマイケル・ジャクソン等 アーバンR&Bのスターたちに楽曲を提供。かつて『Teen People』誌が主催するWho's Next Contestで優勝の栄冠をつかんだ彼は、その甘いマスクとセクシーな歌声で女性ファンを虜にしてきたが、1996年に最初の仕事として歌った地元銀行のCMソングを「CMが非暴力をコンセプトにしていたから」といって引き受けたというあたりは、能天気に性愛を歌い上げるだけのR&Bアイドルとは少々違っていた。

ゴスペルを下地とするボーカリゼーションをトレンドなサウンドと組み合わせるセンスも絶妙で、ニーヨ、リアーナを手がけるNo.1プロデューサーチーム、スターゲイト、デビュー作でも組んでいたライアン・レズリー、地元フィリーのアイヴァン・バリアス&カーヴィン・ハギンズらを制作陣に迎えた前作『Love Is Love』は、国内累計2万枚を超えるヒットを記録。

2011年度のグラミー賞では自身がソングライトを手がけたフェイス・エヴァンス“ゴーン・オールレディ”がノミネート作品に選ばれる等、現在最も支持を受けるシンガーソングライターの一人である。