ARTISTS
< >

Mark Broom

2020 Vision / Material from UK

'90年代よりかつてのイーストロンドン、現Norfolkを 拠点に活動していたMark BroomはUKエレクトロニックミュージックシーンに欠かせない人物であった。アーティストとして生み出した作品の数々は名門Mo-Wax、Warp、 R&S、Soma、Ifach、Bpitch Control、Platzhirsch、Rotary Cocktail、Material、2020 vision等のレーベルからリリースされた。'92年、ちょうどPete Baby Fordが彼自身のイベントNudeで演奏するアーティストを探していた頃、Pete Baby Fordの手に渡ったMarkのミックステープを聞いたFordは Markの才能を一目で見いだした。それから間もなくしてMarkはEd HandleyとAndy Turner(Black Dog Productions)と運命的な出会いをする事となる。この出会いがMarkの音楽制作において基盤を作る事となり、3人はUXBスタジオで制作活動 に没頭する。その結果、かの有名なGeneral Productions Recordsからのリリースに至ることとなった。またMarkはその頃Dave Hillによって経営 されていたイーストロンドンにあるミュージシャンのたまり場に約2年程通い、そこでDaveはMarkに音楽制作の話を持ちかけた。それをきっかけに Dave Hillとの長いパートナーシップが生まれ'94年、Pure Plastic Recordingsを設立する事となった。このレーベルから はMarkの最高傑作の作品が生まれ、'96年リリースのAngie LPは彼をシーンのトップに送り出す作品となった。'01年、Dave Hillとともに制作したRue EastのIndoor Culture LPも大ヒットとなった。'10年は Edit SelectやMaterialからのリリースに、'11年には「WIRE11」にも出演、'12年にはSaved Records より"Acid House",名門Cocoonから"SQ18 EP",Gynoid Audioから"M28 EP"を、最近ではベルリン・Berghainが展開するレーベル・Ostgut tonよりJames Ruskinとの変名儀The Fear Ratioで"Vault 5"を発表した。経験に裏付けられたスキルでミニマルテクノシーンを牽引し続ける孤高の存在である。