ARTISTS
< >

福原 美穂

北海道出身。25歳。
15歳の時、地元テレビに出演したことがきっかけで北海道内限定ミニアルバムを2作発表。北海道内だけで10000枚を超える大ヒットを記録した。

2008年2月に日本人としてはじめて、米・LAの黒人教会にて「奇跡の子」と称されるパフォーマンスを披露。“黒人教会220年の歴史を変えた!”と賞賛を受け、4月に「CHANGE」でメジャーデビュー。

2009年1月に1stアルバム「RAINBOW」を発売。オリコン初登場2位をマークし、15万枚の大ヒットとなる。2010年6月には2ndアルバム「Music is My Life」を発表し、2作連続オリコンベスト5を記録。
映画『沈まぬ太陽』(渡辺謙主演)、『悪人』(妻夫木聡主演)の主題歌に抜擢される等、その歌声は各方面から注目を浴びている。

2011年はコラボイヤーとなり、「O2 feat. AI」は30万ダウンロードを突破。さらに“ソウル・ゴッド”和田アキ子とのコラボを実現させた。

2012年は三浦大知とのコラボから始まり、コラボ集大成としての3rdアルバム「The Best of Soul Extreme」を6月に発売。レオナ・ルイスとの夢の共演も果たし、日本のソウルミュージックの新しい幕開けを感じさせる1枚となった。
4月からはCX系全国ドラマ「カエルの王女さま」にレギュラー出演する等、その歌声と存在は、各方面から注目を浴びている。
2/18には、自身のデビュー5周年イヤーをスタートさせる豪華バンドとのワンマンライブ『The Soul Extreme Session』を開催。
また、4/7には、世界的指揮者・大友直人率いる日本フィルハーモニー交響楽団と、総勢100名を超えるゴスペル・クワイアとの、≪フルオーケストラ≫でのコラボライブ「Billboard Classics『福原美穂スペシャルプレミア・シンフォニック・コンサート』」に出演が決定している。

その他、福原美穂が歌う「Surely Someday」が、2/28に発売となるニンテンドー3DSソフト『レイトン教授と超文明Aの遺産』のテーマ曲となる事が決定したほか、2013年はこの他にも様々な展開が予定されている。