ARTISTS
< >

Marc Fm

Satisfaction

東ベルリン出身。90年代初頭より学生時代放課後の大半をレコードショップで過ごすなど自 然とエレクトロミュージックのシーンを陰に青年期を過ごし、自然とエレクトロミュージッ クシーンに足を踏み込んで行った。

 

2005年よりベルリンのTwen FM(トゥウェン・エフエム)というラジオブロードキャスト 放送、マーク独自のレーベルであるSatisfactionという番組のレギュラーラジオDJを6年に 渡りこなす。 

また、2008年からはTape Club(テープクラブ)にて、4年に渡りレジデントDJとしての キャリアを積む。Tape Clubはアートギャラリースペースとパーティスペースが2つに分か れておりベルリンのクラブの中でも特徴的なクラブで、数々のDJに惜しまれつつも昨年閉店 してしまったが、ここでマークはJus Ed, Sascha Dive, Sven Weisemannなど数々のDJ陣 との共演を果たす。 この頃、彼は「Satisfaction」という名前でオルタナティブなインターメディアプロダク ションを立ち上げ、プロモーター・キュレーター・パフォーマー・イラストレーターなどを 務め、DJ以外にもアート活動、(主に展示)も同時に行っている。多彩な才能は多く賞賛さ れている。

 

また、2009年からはClub Der VisionareにてBarbara Preisinger(バーバラ・プライジン ガー)のオーガナイズを務めるパーティDeep In The Boxのレギュラーメンバーの一員で、 近年彼女の最も推すDJがMarc FMである。 

そして、2013年2月からはPaloma Barにて、monthly Satisfaction Seriesとして独自の パーティをスタート。

 

マークはレコードの針とダンスフロアのオーディエンス間の微妙なバイブスをコントロール しており、見事に確立したグルーヴと巧みな技術でディープかつファンキーなプレイをこな す。 エレクトロミュージックの根本的な中心都市と言われるベルリンに影響を受けつつも、同時 に彼の地元であることからベルリンのクラブシーンを冷静に見つめている。 「DJとは本来、圧力や金のためではなく、ダンスフロアを彼のDJでオーディエンスとレ コードに還元に値するべき行為」とマークは語り、独自のインターメディアプロダクション、Satisfactionにもあるように、常にオーディエンスに対して満足させるプレイを念頭に 置き、DJ活動を続ける。