ARTISTS
< >

Lucky Date

Lucky Dateこと Jordan
Atkins-Loriaは、その輝かしいアーティスト名にもかかわらず、シーンにおいてその地位を確立するまでには相当の努力を要した。
他に類を見ないそのプログレッシブなハウスサウンドは、しだいにシーンの中で大きく注目を集めるようになり、シンセエンジニアとして、David Guetta やPorterRobinsonらのヒットトラックの影のプロデューサーとしてその実力を大いに発揮し、その名声は単にLuckによるものではないことを証明することになる。
いまや説明不要のスーパースターZEDDとの共作で、エリー・ゴールディングがヴォーカルを担当するというなんとも夢のようなトラック  「Zedd & Lucky Date Feat. Ellie Goulding - Fall Into The Sky」は、予想を上回るビッグヒットとなり、音楽史上に残る究極的なエナジーを楽曲で表現することに成功。
現在ではすっかりプロデュース、Remixのオファーが殺到するほどの アーティストとなり、Madonnaの「Girl GoneWild」のリミックスではAvicii とDada Lifeに肩を並べ、  Steve AokiとKid Cudiとは実にパワーハウスなコラボレーションをし、2013年3月には現在シーンのトップに君臨するHardwellの「Apollo」のリミックスプロジェクトに参加するなど、  その功績 はすでに輝かしい限りである。 現在のEDMのシーンで最も注目を集めるヤングブラッドであるということは十分にお分かりいただけるだろう。
サンフランシスコに育ち、5歳からドラムを始めたこの若きプロデューサーは、ベイアリアでのレイヴでエレクトロニック・サウンドに衝撃を受け、間もなくシカゴに 移り住むとすぐにエレクトロニックハウスサウンドの制作に打ち込み始めた。その後、2010年、20歳でREMIXした、Spencer & Hillのトラック「Dub Disco」が大きく評価されチャンスをつかむこととなる。 Hardwellの大ヒット曲「Apollo feat. AmbaShepherd」のRemixやオリジナル曲「Freak」のスマッシュヒットでEDMアーティストとしての立場を確立した。