ARTISTS
< >

Nicolas Masseyeff

Noir Music/Herzblut Recordings/ Tsuba

Nicolas MasseyeffのElectronic musicへの長年の情熱は1989年にフランスの片田舎Rivieraにてスタートした。Electronic musicの出会いから15年間、南フランス1リスペクトされる彼のレコードストア「Limelight」を開くまでは地元のレコード店に勤めた。
Minimal、 Jazz、New wave、Detroit techno、Chicago houseなど幅広いジャンルの影響を受け、Steve Reich、John Cage、Carl Craig、UR、Basic Channel、Larry Heardを目標にした。そこから、1998年には独自の音楽性を開花させ、2006年に初めて自身のトラックをリリースした。

フランス のレーベルZebra 3よりHostages EPをリリースし、その後John Henry Records (著名プロデューサーZoo Brazilのレーベル)よりリリースを開始する。その後、このレーベルでは、Nicolasの別名Vedrennにて数曲リリースをし、 Plantage 13のCrewとしてStephan Bodzin、Oliver Huntemann、Super Flu、Herzblut、Rekorder 、Idealらと共に中心的役目を果たしている。
トラックメーカーとしてフルタイムに活動を始めた 事により、レコードストアを去ることになるが、Nicolasは怒涛のごとくリリース活動に打ち込んでゆく。Nicoの TechnoTrack,’Deva’のメロディーに感銘を受けた’Stephan Bodzin’はHerzblut Recordings (2008)より華々しくリリースさせ、その後NicolasのEP トリオ Asymetrik (2009)、Modul8 (2009)、No More Time (2010)もリリースした。
2010年には、長年の友人である注目すべきプロデューサーOxiaと組み、2009年7月に はMarc Romboyの5周年コンピSystematicのためにTrying Outを制作し、2010年4月にはロンドンのレーベルTsubaよりKeep the Drumsをリリースする。その間Stephan Bodzin と Marc Romboyの壮大なLuna Projectにて、Electronic界の名だたるプロデューサーと名を連ね、リミックスワークを手掛ける。
最近の活動としては、 Nicolasの長期プロジェクトのデビューアルバムThe Motherland(このアルバムは、Nicolasまたはリスナーの人生のように、人生の曲線や幸福また生きていることへの熱望的な喜び、なおかつ絶 望感や悲しみも備えた、人の心への冒険の旅である。。。)が2011年11月にHerzblut Recordingsよりリリースされた。このアルバムリリースにより、すでに世界中のクラブやフェスにてプレイし、有名ブランドのサウンド制作や世界中 のファッションショーへ楽曲提供もしているNicolasはより強固なファンを獲得することになる。