ARTISTS
< >

KOYO

All Hands on Deck

小さな頃から、彼は変わっていた。ドアのノックや街の雑音など、全ての「音」はドレミの音階で聞こえ、まるで色を見るように、音がわかった。 やがてチャイルド・プロディジーと世間から呼ばれ出す頃にはクラシックピアニストとしてプロの世界で活躍。アメリカ、オーストラリア、ヨーロッパと数々の国際コンクールで優勝していく。 ピアノ活動中に目覚めたアーティストやエレクトロニカの世界に触れた時、まだ10代半ばだった少年がまず行ったのは、自分でアナログシンセを設計することだった。 その頃からゴアやサイケ、ドイツ系トランスやアンビエントの繊細な音色に惚れ、自ら音作りを始める。 クラシック音楽の土台を生かし、アーティストはテクノとディープハウスを基に安定感とストーリー性を感じる抜群のミックスと、多ジャンルからのインフルエンスによりハイブリッドな音をクリエイトするプレイは必見。見たことのないリズム、聞いたことのない景色を体験できるだろう。 2010年から拠点をシンガポールに移しグローバルに活動