ARTISTS
< >

Daedelus

Ninja Tune

狂人的なまでのビート実験を続けるDaedelusことAlfred Weisberg Roberts。一時的にUKに住んでいた10代の頃に海賊ラジオでレイヴやハードコアなどのダンス・ミュージックに触れ、アメリカに戻った後、DJとしてのキャリアをスタート。WarpやNinja Tuneといったレーベルの楽曲を中心に幅広いジャンルの音楽をプレイすることで人気を集めることになる。1999年頃から積極的に楽曲制作を開始。実験的でメロディック、牧歌的でありながら時に激しく、ポップなユーモアに溢れた自由奔放サウンドを創り上げ、かの有名なPrefuse 73主宰のEastern Developmentsから『Household EP』をリリース。一躍、シーンの中心人物となり、Plug Research、Laboratory Instinctなどの重要レーベルからDaedelus印の作品を次々と発表することになる。2005年にはイギリスの名門Ninja Tuneと契約を交わし、独特なる叙情的世界観が表現されたアルバム『Denies The Days Demise』をリリース。その後も西海岸の地下シーンを支えるDublabやFlying LotusのBrainfeederといったエキセントリックなレーベルから数多くの楽曲やアルバムを発表している。2008年には熱狂的な人気を誇るパーティ“Low End Theory”を主宰するDaddy KevのAlpha Pupから『Live At Low End Theory』が発表され、テノリオンにも似た直感型インターフェースのモノームを巧みに操る即興的な演奏を披露している。