ARTISTS
< >

DICE GROOVE

DICE GROOVE (日本)
DICEGROOVEはDJ 、プロデューサーAllain Rauenの新しいプロジェクトです。
1975年にブラジルで生まれ、彼は多くの困難の中で、幸せな未来に関連する視点の欠如、DJやプロデューサーになるために導いた様々な理由に出会い、エレクトロミュージックへの情熱と愛を発見。
DICEGROOVEは、完全にエレクトロミュージックを専念とする珍しい才能のアーティストである。彼は音楽とアートをミックスする。ブラジルで生まれ育ち、カリスマ性と謙虚を併せ持つ。 DJ 、プロデューサーは80年代後半と90年代初頭のベルリン/ドイツのラブパレード、世界での移行時、中心に展開しているサイバーカルチャーの呪文の下で早期に落ちた彼は雑誌を通じてイベントを開催。冷戦とベルリンの壁の崩壊後、エレクトロミュージックのニュースを特色にしたラジオ番組を知った。彼は単にあなたの心に続くテクノとハウスミュージックの精神を吸収し、その一部であることが完全に彼の人生をエレクトロミュージックに捧げることを決めた。

1989年DICEGROOVEは、いくつかのパーティーでミキサーに接続し、わずか数カセットや 2ウォークマンで、 DJ 、プロデューサー、音楽、アシッドハウスとテクノのプロとしてのキャリアに向けた最初のステップを取るようになった。彼は当初、主に趣味として行なったし、情熱を維持するために、ブラジルのエレクトロミュージックシーンの一部を作っていた彼の友人とのパートナーシップとエレクトロミュージックへの愛で活動を継続


1995年DICEGROOVEは、Amazonトゥピ·グアラニーからエレクトロミュージックの合成、ブラジル音楽のスイング、音楽の研究で創造的な心の関与の結果と、 5年後にプログレッシブハウス、プログレッシブトランスを演奏し始め、インド音楽、アフリカ音楽のドラミング部族の超越は、彼がサンプラーを用いて混合民族音楽を特色にしたプロジェクト" Solar48 "ライブPAトライアルを結成。ドラムマシン、ビンテージ·アナログ·シンセサイザー、レコーディング、ミキシングのためのツール、およびこの彼の音楽的プログレアーティストによって、あなたの有利な点を持っています。

 
彼の妻と一緒に、2002年に作成されたDICEGROOVE 、ブラジル北部でラジオ局FMで放映されたプロジェクト"干渉"エレクトロミュージックプログラム。プログラムはすぐに参考になると他ののプログラムに影響を与えるようになった。自分の仕事を提示するエレクトロミュージックの様々なセグメントから、国内および国際的なDJSへの扉を開くために非常に有名になっている。

 
DICEGROOVEは妻と一緒に2004年に作成され、プロジェクトはエレクトロミュージックのための愛は彼の妻と一緒に日本にもたらされ探検トランスミュージックとそのサブジャンル、翌年というライブPAを"霊的" 開始することを決定。知識と学習の新しい技術のために絶え間ない検索で新たな高みに挑戦し続ける。エレクトロニックミュージックに新たな感動をもたらすために障壁や困難を克服するよう努力。その後から始まる!レーベルのサポートが付いているミックスをリリース: Garudhaレコード、プラネットグリーンレコードとスピンレコード、また3DContact呼ばれる日本のエレクトロミュージックの主要拠点の一つが組み込まれていた。

 
DICEGROOVEは1989年以来、エレクトロミュージックの中で、影響力があり最も才能のあるDJやプロデューサーの1人である。彼は音楽の理解の証明と電子音のための彼の情熱である音楽スタイルの広い範囲という、多重のユニークなビューを研究音は、彼が名声や幸運簡単を求めたことがない。彼は多くの異なるデザインを開発するために導いたが、革新的で創造的かつ多様であるための欲求と、熱狂的なスタジオ、ライブパフォーマンスの両方で、技術革新に取り組んでいます。彼のミックスの多くは、エレクトロミュージックや民族音とラテン語との間を強化し、彼のディスコグラフィ ーをダウンロードすることができ、オンラインである多くの壮大なミックスのリリースが含まれています。

 
2013 DICEGROOVEで今日では、ますます、あなたのミックスがインスピレーションを目覚めさせること、今ではエレクトロミュージック(ハウス/テクノ)は、高エネル ギー、溝や音質に向けるより具体的な焦点を当てて、その見事なミックスの生産に従事している彼への愛情、そして人々の幸福は、す べてのインスピレーションであり、それらのミックスは感触について生活について無限の好奇心がある。仕事をしたアーティストの心の中から来ることができるという興奮を反映する息を呑むほど美しく、調和のとれた、ダンサブル。
"生活の中で我々は夢を見るのか征服するには二つの方法があり、一つの方法が最も簡単であり、他方はより困難であり、最も難しいと思われる方法は、私たちに報酬をもたらすものですが、私はことにより、電子音楽を作る音のようなものを通して自分を表現し、それが私の人生経験のために、エレクトロニック·ミュージックのDJやプロデューサーが、想像書き、超越的な音楽を生み出すために必要なスキル、ツールとアイデアを持つユニークな個人である必要があると喜び。一部単なる音楽家以上のもの、彼らは音を通 じて革新、技術、交わりを包含する生 き方を表し、このすべての中で私の唯一の野望に近い私は愛する人に滞在している、と私は愛する電子音楽は私の人生に欠かせないイ ンスピレーションの強烈な感じで、私は、人々が私の音楽と幸せな気分にさせるための多くの感謝の気持ちを持っているので!自信を 持って将来を見て、あなたは感受性と精神、あなたの心に従うと、笑顔でやると常に愛することができない! " DICEGROOVE氏は述べています。

 

DICE GROOVE (ENGLISH)
DICEGROOVE is the new project of dj and producer Allain Rauen. Born in Brazil in 1975 , he met many difficulties and various reasons that led him to become a DJ and producer, among them the lack of perspective in relation to a happy future, and soon after the discovery of his passion and love for electronic music.
DICEGROOVE is an artist of rare talent , completely devoted to electronic music , he mixes music and art as any other dj. Born and raised in Brazil , the charismatic and humble, dj and producer fell early under the spell of cyberculture that revolved around the Love Parade in Berlin/Germany in the late '80s and early '90s, a time of transition in the world, the end of the Cold War, the fall of the Berlin wall, and all this was before he became aware of the event through magazines, and a radio show that featured news from the world of electronic music, and that's what really ticked into the world of electronic music, and it was starting then he decided to simply absorb the spirit of techno and house music following your heart, and to devote his life entirely to be a part of it.
In 1989 DICEGROOVE began to take the first steps towards a professional career of DJ and producer playing house music, acid house and techno, with only a few cassettes recorded and two walkmans connected to a mixer in anonymous parties that happened in some clubs their underground city, usually organized in partnership with his friends who were dazzled with his genius unannounced, and thus made a part of the electronic music scene in Brazil, where he did that initially and primarily as a hobby and to keep your passion and his love for electronic music.
In 1995 DICEGROOVE started playing progressive house and progressive trance, and five years later, with the result of your creative mind involvement in studies of the synthesis of electronic music, the swing of Brazilian music, music from the Amazon Tupi-Guarani transcendentalism of Indian music, and tribal drumming of African music, he formed the project " Solar48 a" Live PA trial that featured mixed ethnic music using samplers, drum machines, vintage analog synthesizer, tools for recording and mixing, and this has a point in your favor by making him an artist evolving musical.
In 2002 DICEGROOVE created along with his wife , the project "Interference" electronic music program that aired on an FM radio station in northern Brazil. The program has become very famous for opening the doors to national and international djs from various segments of electronic music to present their work, which soon came to be reference and influence other similar programs.
In 2004 DICEGROOVE created along with his wife, the project "Spiritualize" Live PA that explored trance music and its subgenres, and the following year his love for electronic music brought to Japan along with his wife, decided to launch a new heights in the incessant search for knowledge and learning new technologies, and always striving to overcome the barriers and difficulties to bring new excitement to electronic music. starting from then! he released his mixes with support for labels like: Garudha Records, Planet Green Records, and Spin Records, and also incorporated one of the main centers of Japanese electronic music called 3DContact.
DICEGROOVE is one of the most talented djs and producers for its main influence in electronic movement since 1989, he studied a wide range of musical styles, which is proof of their understanding of music and his passion for electronic sounds, this unique view of the multiplicity sounds led him to develop many different designs, for he never sought fame or fortune easy, but with the desire to be innovative, creative and diverse, he is fanatically dedicated to innovation, both in the studio and in live performances. Many of his mixes intensify the connection between electronic music and ethnic sounds and Latin, his discography includes releases of many epic mixes that are available online for download.
Today in 2013 DICEGROOVE is increasingly engaged in the production of its spectacular mixes, now with a more specific focus directed in electronic music (house/techno) high energy, groove and sound quality, making your mixes awaken inspiration, love, and happiness in people, for to him all are an inspiration and their mixes reflect a boundless curiosity about life, about the feel, and the excitement that can only come from within the heart of an artist who does a job breathtakingly beautiful, harmonious, and insistently danceable.
"In life we have two ways to conquer what we dream, and one way is the easiest and the other is more difficult, and the way that seems most difficult is what brings us rewards, I make electronic music by pleasure that I express myself through that kind of sound and it is necessary for my life experience, djs and producers of electronic music are unique individuals with the skills, tools and ideas necessary to imagine, write and produce transcendent music. Some are more than just musicians, they represent a way of life that embraces innovation, technology, and communion through sound, and in the midst of all this my only ambitions are staying close to the people I love, and I love do because electronic music is an intense feeling of inspiration essential to my life, and I have much gratitude for making people feel happy with my music, so ! Look to the future with confidence, because there is nothing you can not do with sensitivity and spirituality follow your heart and do what you really Love! Smile and Love always! "says DICEGROOVE.

 

Spin Records
DICE GROOVE
House / Techno / Prog / Deep / Tech / Minimal