ARTISTS
< >

Shinji Tokida

幼少のころから、父親の仏像 彫刻と芸術への趣向に強い影響を受け、芸術を志す。
中学生に、の時Steven SpilbergとThe Rolling Stonesに影響を受け、21世紀の世界を代表するクリエイターになることを夢見て、ハリウッドとビルボード、ノーベル賞を志す。
10代でギター、DJを始め る。1998年、わずか19歳でWater Cable Labelというレコード会社を設立し、30組以上のアーティストをリリース。23歳でWater Cable Labelを終了し、27歳までの間、世界中のイルミナティーの情報を収集し、21世紀を代表するレコード会社の設立の構想に明け暮れる。2008年6 月、28歳でFountain Musicを設立。現在の2013年までには、世界の中枢のアーティストを50組以上リリース。
企画したCDアルバムやシン グルは、テクノ、ハウスを中心に、DJ Yellow、Dave Anegl、Hiroshi Watanabe、Ken Ishii、Dubfire、Popnoname、Claude Young、Jonas Bering、dublee、Tsuguharu x Hayashi、Takaaki Tsuchiya、Little Nobody、Satoshi Fumi、MIr Wave、Shin Nishimura、synethesys、Foog、TEMMA-Teje、dsitb、Sans Soleil等、合わせて50アーティストと多義に渡る。デザイナーにもTomatoの創始者John WarwickerやRikki Kassoを起用し、正統派芸術、デザインのトップと運命的な情熱を交し合っている。今回のアートワークはFountain Musicのロゴを制作した盟友のKenta Sakai氏の作品である。
ドイツのレコード会社 KOMPAKTのパーティーを東京で開催する等パーティー開催にも力を入れている。
2012年には、アメリカの 中枢コンサルティング会社から大企業会からの誘いを受けるための、コンサルティングを受け、Fountain Musicの会長に就任。アメリカの業界では、ミレニアムの音楽界のリーダーとささやかれている。
業界の影響を受けて、現在、 10年掛けて、自伝でもある経営戦略の論文を執筆中。
また、サブレーベルに、 Plaza In CrowdとCandle Musicがある。ビジネス効果としてマーケティングアソシエーションSUMMA CUM LAUDEを設立し、インターナショナルのビジネス業界でパイプ役となろうとしている。今回の本人のCDデビューアルバム 「Universe」は、哲学、正義、創造、経営、戦略、歴史、発明、時間のInvestigateを目的としたFountain Music5周年のアニヴァーサリーリリースとして、記念盤として、スペシャルリリースされる。パッケージジャケットの裏面には、父親の仏像彫刻がモ ティーフとして使用され、親子のコラボレーションともなっている。Shinji Tokidaのカリスマ性の根源である夢中に夢を志す果敢な勇士は、18歳のDJデビューから現在の34歳までの間、炎を燃やし続け、音楽界、エクス キューティヴ、アート界等の多くのファンに希望と実力を与え合い続けている。国際戦略室の影響を受け、美の基準とした International Society ValueであるWelfareの象徴である本作はイノヴェーションの未来を導く。