ARTISTS
< >

Henzel & Disco Nova

Henzel & Disco Novaは、5年間共にDJを成功させてきた。彼らがプレイすればどんな地であろうと、すぐには記憶から消せないような唯一無二のミュージックジャーニーへオーディエンスをいざなう。彼らの音はグルーヴィーかつアッパーなハウスや、UKガラージ、ディープハウスのMIXの中で耳にすることであろう。彼らの所属するアーティスト集団‘Vage Gasten'としては、MysterylandやAmsterdam Open Air、Solar Festivalといったオランダにおける大きなフェスティバルでホストを務めている。近年では、彼らはスタジオワークに大半の時間を割き、初となるブートレッグやオリジナルトラックを生み出してきた。彼らの作品は、90年代オールドスクールハウスと本人達が本来好きであったUKガラージを組み合わせることで成り立っている。そしてその作品達は、Dubfire、Brodinski、Fake Blood、Zombie Nation、Boys Noizeら偉大なアーティストによってプレイされたことによって実績を得た。彼らの一番新しいEP、'Lucky Ones'はクラシックハウスを基調としたもので、UKのRogerseventytwoによるRemixを含んだ形でBad Lifeよりリリースされた。また、Vincent Leijen - Rosette の彼らのリワーク作品も、Little Globe Recordsよりリリースされており、これは2013年のADEの公式アフタームービーにも使用された。2014年にも、多数のリリースが予定されており、7月にはアジアツアーも開催される。