ARTISTS
< >

Lee Douglas

TBD/Stallions/Bad News

Lee Douglasは、L.A.で生まれ育つ。2002年、よりリアルなダンスミュージックを追い求めNYに移り住む。2004年、DJ Spunが主宰するサンフランシスコとNYの掛け橋となるレーベル、Rong Musicからデビューを果たす。2007年、同じくRong Musicからリリースした"New York Story"は驚異的なヒット作となり、高い評価をうけると共にアーティストLee Douglasとしての人気を確固たるものとした。そして同曲は、Beatport's 過去10年間のNu-Disco Top 10ヒット曲となり、気がつけば世界中のDJやプロデューサー達から常に注目される大きな存在となる。自身名義以外にも、今日のアンダーグランド・ディスコシーンをリードしている世界各地のアーティストとの数多くのコラボレーションをかさねている。!!!、Out HudのJustin Vandervolgenと共にデュオを組み、TBDとして名門DFA, Golf Channelと契約。LovefingersことAndrew Hoggeとは、Stallions名義としてリリースを重ね長期に渡りDJパートナーとしても共に活動し、その他にもJuan Maclean の"Happy House" をはじめ、Phenomenal Handclap Band, Shit Robot, Ariel Pink等、多くのアーティストのリミックスも手掛け、高い音楽性と表現力の幅広さは、注目の的となっている。リエディットを手掛けることに集中し、それらの作品はBlackdisco, Golf Channel, Wurst等のレーベルから、TBDクラッシックとして数多く発表された。彼を語る上で忘れてはならないのが、DJとしての魅力なのではないだろうか。聴いた誰をも虜にしてしまう世界観、音楽性の高さ、そして誰にもマネすることの出来ない類い稀なるセンスだろう。現在はベルリンに移り、アメリカはもとよりヨーロッパをはじめ、世界各地に彼のフリークスを拡大していっている世に送り出されていっている彼のプロダクションの数多くは、著名DJのレコードバックの中からも見つける事ができる。例えば、Mancuso, Harvey, Prins Thomas, Optimo,,, そして、きっとあなたの中にも...