ARTISTS
< >

Stefano Lotti

Equilibrium Lab

ステファノ ロッティ:DJ、プロデューサー、リミキサー、オーディオエンジニア、レーべルマネージャ。

2013年、秋から日本在住。アンダーグラウンドクラブシーンでDJとして日本、ヨーロッパで活躍中。 14歳の頃からエレクトロニックミュージックに興味を持ち、特にテクノミュージックに心を奪われる。 その数年後、2002年には彼の初めてのディスクがリリースされた。

イタリアミラノにスタジオを移し、ミラノアンダーグラウンドクラブシーンのAMNESIA, GASOLINE等で本格的に活動し始める。 彼のトラックはBeatportにも上位にチャートインしヨーロッパ各地、また世界的に洗練されたプロデューサーとして名が知られる事となった。 2008年には、"Rubber Band"(ミニマルテクノ)レーべルを設立し、日本のトップクラブWomb等でも活躍する。そして、彼のトラックはSuara, Sleaze Recordings, Phobiq等、多くの有名なレーべルからも数多くリリースされた。オリジナルトラック以外にも、Ilario Alicante, Mihalis Safras, Anderson Noise, Andrea Ferlin, Yone-ko 等、多くの有名アーティストのリミックスも手がけている。 そして、それらのリリースされたトラックは Richie Hawtin, Marco Carola, Joseph Capriati等、大物アーティストによってプレイされている。

2012年には Luca Fabianiと共に "Equilibrium Lab" を設立し、旬のアーティストのリリースを手がけながら、バルセロナのOFF SONAR等でもプレイしている。 その他では"Soundpark", "Ribbon Recordings"のレーベルマネージャーとしても力を注いでいる。