ARTISTS
< >

LJ YOSHIKAZU

大分出身、2002年に上京し六本木の某ディスコでスタッフとして働きトップレベルの空間演出を体感する。渋谷に新しくオープンしたSOUND MUSEUM VISIONにてオープニングスタッフを務める。2012年に地元大分に戻り、LJ(Laser Jokey)と肩書を付けレーザーを駆使しクラブの空間演出に対する価値を上げオーディエンスを盛り上げている。VJ/LJ YOSHIKAZUとして活動を始め、様々なジャンルのアーティストと共演。独自のスタイルでlaserをコントロールする。今後もクラブイベントに対する空間演出をさらに拘りオーディエンスや関係者を魅了していく。