ARTISTS
< >

Container

米国ロードアイランド州、プロビデンス市で活動を開始したビート・オリエンテッドなアーティスト、コンテイナー。粘っこくかつパンクな波形をハンマーリズムに刻み込み、サイケデリックで催眠的、かつ残忍な音楽を奏でるレン・スコフィールドによるプロジェクトである。ローファイに作られたドラムパターンやスパイラルするループ、催眠性の高いアレンジはステージでのライブに重きを置いて作られており、ハイエンドなダンスフロアにもボロボロな倉庫パーティにも機能的にハマる音楽になっている。彼は90年代のミニマルテクノへの反動として、自身のバックグラウンドであるノイズやカセットテープ音楽の要素を反復するビートと合わせ、より現場感があり、粗いダンスミュージックを始めた。様々なカセットテープでのリリースを経て、2011年にエディションズ・メーゴのサブレーベルであるスペクトラム・スプールズからデビューLPをリリース。またミュートの兄弟レーベル、リベレーション・テクノロジーズからも12インチをリリースしている。

 

Container is the stripped-down, beat-oriented electronic project of Providence, RI’s Ren Schofield, who somehow sculpts viscous punk sonics into raw jackhammer rhythms that groove in the most relentless, hypnotic, unstoppable and psychedelic ways currently working the grid. This lo-fi mesh of maxed-out drum patterns, spiralling loops and mesmerising arrangements makes for live music of serious weight and function, suitable for both high-end dancefloors and filthy warehouse parties alike. Started in 2009 in response to his discovery of nineties minimal techno, Container combined elements from his background in noise and cassette collage music with a new found interest in repetitive beats to create this raw and damaged rhythmic sound. After a string of various cassette releases, the debut full-length LP was released by Editions Mego sub-label Spectrum Spools in 2011, and has since been followed up by a second Spools LP, the Treatment 12” on the Morphine label, and a new 12” on Mute’s Liberation Technologies imprint which will be dropping this Fall.