ARTISTS
< >

The Black Madonna

Smart Bar / Argot, Chicago

2012年12月、北アメリカの老舗箱であるSmart Barは、The Black Madonnaをデリック・カーター、フランキー・ナックルスに加え新しいレジデントのひとりとすることを発表した。1年以内に、彼女はSmart Bar初のクリエイティブディレクターとなった。彼女のキュレータースタイルは、反体制の哲学を明らかにもたらしている。彼女の一新したレジデンスプログラムが、価値の異なるセットを反映している。ハニー・サウンドシステム、DVS1、レジス、ハニー・ディジョンを加え、Men's Roomといった慣習に逆らうイベントを既に打ち出す。彼女が言った哲学とは、「ダンスミュージックはライオットガールを必要としてる。ダンスミュージックはパティ・スミスを必要としてる。ダンスミュージックはdjスプリンクルスを必要としてる。ダンスミュージックはその陶酔による不快感を必要としてる。ダンスミュージックは傷に塗る塩を必要としてる。ダンスミュージックは40歳以上の女性達を必要としてる。ダンスミュージックはプレイする為に子供達を眠らせるおっぱいを必要としてる。ダンスミュージックは戯言にリアルに疲れている風変わりな気難しいティーンエイジャー達を必要としてる。ダンスミュージックはライターや批評家やアカデミックや歴史家を必要としてる。ダンスミュージックは貧しい人たちやクラブに入る為のちゃんとした靴を持っていない人たちを必要としてる。ダンスミュージックは襟のないシャツを必要としてる。ダンスミュージックは全部の週もがいている人達を必要としてる。ダンスミュージックはフルの入場料を払えない為に夜中前に来なければならない人達を必要としてる。ダンスミュージックは現場維持を必要としていない。」
ブースの後ろ側に立つ崇高な技術者The Black Madonnaは、雄弁でダイナミックなバイナルセットで知られ、それらはディスコからテクノまでの広範囲に渡る。そしてそれらは彼女の独特なエネルギーとなり、箱の中に喜びと力を伝染させるに至る。それは、彼女がPanorama Barのような深く尊敬される箱で愛されるレギュラーでありオーディエンスのお気に入りであることにもわかる。彼女の空間を唸らすdjミックスは、Little White EarbudsやBicep's Rinse FM showで、その深く詰める精密に遂行されるセレクトで、高い評価を受けて残る。The Black MadonnaのリリースカタログはArgot、Stripped&Chewed、Classic、Freerange、そしてHome Taping is Killing Music、Crosstark Internationalといったレーベルを含む。リミックスには彼女のArgotから出した『Lady Of Sorrow EP』が彼女のこれまでの作品で最も完璧に実現されたものとして記されている。Home Taping is Killing MusicとStripped&Chewedから出た彼女のレコードは、ディスコ/ハウスのサンプルから先への偉大な飛躍である。タフな打楽器の骨組みを通した非常に魅力的なシンセラインの編成は、聴く者の魂もダンサーも注目させる力を充分に持っている。2014年、彼女は続けてArgotからEPをリリース、どちらも直ちにソールドアウト、レコード市場に高い評価を残す。2015年、ArgotのSteve Mizekと共に、彼女はSmart Barの著名なレジデント陣の少なからぬ共同出資でバイナル制作に乗り出し披露する。そうさ!we still believe.
”独特な選曲と、定番のアンセムが組み合わさった、バランスのとれたセット知られ、益々リスペクトされているDJ。彼女は、否応ないトラックの繋ぎで制作も身に付け、『Exodus』や『A Jealous Heart Never Rest』はそれらの中でも、2年経った今も未だ多くの機会で流されている。それからそれらは、彼女をシカゴのSmart Barのタレントバイヤーという地位に位置づけ、北アメリカ最高峰のクラブであるSmart Barは、彼女のディレクションの下、更に注目されることは間違いないだろう。”
 ー2014年10月 Resident Advisor Andrew Ryce


“...[A]n increasingly respected DJ, known for uplifting sets that balance established anthems with idiosyncratic selections. She's an accomplished producer, too, with a string of irresistible tracks—‘Exodus’ and ‘A Jealous Heart Never Rests’ among them—that still get plenty of airtime two years later. And then there's her position as the talent buyer at Chicago's Smart Bar, one of the best clubs in North America, which has arguably become even more noteworthy under her direction.” - Andrew Ryce for Resident Advisor, October 2014

In December of 2012, North America’s oldest independent venue, Smart Bar announced the The Black Madonna as a new resident, along with Derrick Carter and Frankie Knuckles. Within a year, she became the club's first ever Creative Director in its three decade history, bringing a decidedly anti-establishment philosophy to her curatorial style. Her retooled residency program reflects a distinct set of values, adding Honey Soundsystem, DVS1, Regis, Honey Dijon and transgressive events such as Men’s Room to an already diverse offering. 

Of her philosophy she said, “Dance music needs riot grrrls. Dance music needs Patti Smith. It needs DJ Sprinkles. Dance music needs some discomfort with its euphoria. Dance music needs salt in its wounds. Dance music needs women over the age of 40. Dance needs breastfeeding DJs trying to get their kids to sleep before they have to play. Dance needs cranky queers and teenagers who are really tired of this shit. Dance music needs writers and critics and academics and historians. Dance music needs poor people and people who don't have the right shoes to get into the club. Dance music needs shirts without collars. Dance music needs people who struggled all week. Dance music needs people that had to come before midnight because they couldn't afford full admission. Dance music does not need more of the status quo.” 

A sublime technician behind the decks, The Black Madonna is known for fluent and dynamic vinyl sets, which span from disco to techno. And then of course, there’s her inimitable energy, an infectious joy and ability to connect with the room, which along with her skill has cemented her as a beloved regular and crowd favorite at revered venues such as Panorama Bar. Her DJ mixes for Beats In Space, Little White Earbuds and Bicep’s Rinse FM show remain highly regarded, selected from deep crates and executed with precision. 

The Black Madonna’s catalog of releases/remixes includes labels such as Argot, Stripped & Chewed, Classic, Freerange and Home Taping is Killing Music. Crosstalk International described her “Lady Of Sorrows EP” on Argot, as “her most fully realized work to date -- A great leap forward from the sample-clad disco house of her records for Home Taping Is Killing Music and Stripped & Chewed. Weaving live orchestration and irresistible synth lines through tough percussive frames, both tracks bare their souls to listeners with enough muscle to command dancers' attention.” In 2014, she followed up the Argot release with two back to back EP’s. Both sold out immediately and remain highly sought after on the vinyl market.

In 2015, along with Steve Mizek of Argot, she will launch Smart Bar’s vinyl imprint, showcasing the work of Smart Bar’s considerable pool of residents.

Yep, we still believe.