ARTISTS
< >

Mountain Mocha Kilimanjaro

埼玉発、疾走するインストゥルメンタル・バンド。
2007年より現在のG、B、D、Sax、Tp、Orgの6人構成となる。 

60/70sのBlack Musicを基調とした大胆かつ緻密な楽曲アプローチと、痛烈かつ怒涛のライブパフォーマンスでフロアをロックし続ける。徹底的にタイトでありながら柔軟に進化するバンドサウンドは、まさに黒人音楽を全年代的に貫く"FUNK"そのものを体現しており、日本を代表するインスト・ファンクとの呼び声も高い。 

オープンリール一発録りのレコーディングや、徹底したアナログレコードフォーマットのリリースなど、時代のマナーとクラブカルチャーへの敬意を貫きながらも、既成に執着しないアグレッシブな姿勢が、全方位の音楽ファンを虜にしてやまない。 

2008年、デビューアルバム『Mountain Mocha Kilimanjaro』が発売直後から全国各地で話題となり、同年7月、FUJI ROCK FESTIVAL 08に異例の緊急出演。翌年にはUKの名門レーベルJAZZMANから日本人初リリース。クラブから野外フェスまで出演を続ける希有なバンドとして、そのスタイルを確立している。 

ライブは、その場所を問わない。
爆発力はピークのまま、とどまるところを知らない。