ARTISTS
< >

PBR Streetgang

ボナー・ブラッドベリーとトム・ソープの出会いは、イギリス/バーミンガムでレコードをDigしていた時だった。彼らは共通の音楽性に気づきDJとして活動を開始。2000年初期からリーズのナイトクラブ the circusにドップリと浸り、2003年に至る間にClub Mintで自身のイベントをスタート。レジデントDJとしてのキャリアを積んだ。”Asylum(精神病院)”と名付けられたそのイベントは、その夜のゲストたちの狂気をはらんだ多様性を反映したもの。さらにJazzy JeffやRicardo Villalobosが彼らのデッキをシェア。そして今、彼らはPBR Streetgangと自らを名づけるに至った。彼らの名称はクラシックな戦争映画 「地獄の黙示録」に出てくるボートクルーからの引用だが、DJ Broadcastが言うには「彼らがパトロールするのは、イビザのまわりの浅瀬だけ」だそう。そして実際に、彼らは世界に知られる”We Love… at Space in Ibiza”のレジデントDJを努めることになった。タレントバイヤーのAndy Livelyは彼らをこう評する。「私たちがWe Love Spaceのレジデントに求める全てを、PBRは体現している。」2008年を始まりとして2人はゆっくりと、確実に数枚のEPとシングルをthe labels Red Music と 2020 Visionに制作。またいくつかのリミックスを提供しながら、2012年までに2人はUKシーンから進出した他の注目に値するレーベルと肩を並べるほど成長した。Mixmagは彼らの Futureboogieレーベルからのデビューを、“ridiculously repetitive acid gem(ぶっ飛んでいてリピーティティブな宝石)”と評した。彼らのHot creationsからのシングル ‘Downstroke’はレジデントアドバイザーから、他にはない暗く重苦しく湿った雰囲気が称賛されている。IDM マガジンも彼らをこう表現する。「彼らのルーツを忘れるわけにはいかない。 the 2020 Visionがリリースした ‘At Dez’も、PBRのトレードマークスタイルである身体を揺さぶるベースライン、クリスプなビーツ、気まぐれだが統一性のあるグルーヴなどを形作っている。」彼らのリミックスは、オリジナル同様の軌道を描いている。まずは友人のCrazy P と Maxxi Soundsystemからスタートさせたが、すぐにUKのダンス界以外でも知られることになった。Spin Magazineは、Lana Del Reyの‘Ultraviolence.’リミックスを “deliriously dancey”と称賛している。また2013年のacross the pondのデビューツアーの後、NYCのレーベルThrone of Bloodは2014年にPBRのAchilles EPを世界へリリース。