ARTISTS
< >

COSMIC GATE

COSMIC GATEとして発した初のビートの1音から、LPプレーヤーに挑む彼らの新発明「Start to Feel」に至るまでの軌跡を通じて、彼らは、同じ音楽のマインドをもつ完全無欠の同盟関係にあることを証明してきた。90年代後半、ケルンのレコーディ ングスタジオで突発的に生じた出会いが、ニック・シャガールとボッシを、ドイツで最高・最不倒のエレクトロミュージックデュオに仕立てたのだ。元々、所属 事務所は、彼らに楽曲ダウンロード・ストリーミングのランキングの上位に入ることを強いていた。彼らのリミックスが、Armin Van Buurenのような音楽シーンのレジェンドから、ジェームズ・「アバター」・ホーナーといった、皆が崇拝するハリウッドの作曲家に至るまでの素材を使っ ていた頃だ。ニックとボッシが築いたターンテーブル職人どうしのブラザーフッドは、いまや数え切れないほどの国々で、フロアをぶち壊すほどの衝撃を与えて いる。アリーナ会場はソールドアウト、エレクトロ王国を征服した彼らは、メジャーなフェスを連戦してプレイし、10年のキャリアで、DJ・マグのチャート トップ100の最高峰に駆けのぼった。批評家も絶賛するアルバム、クラブに熱狂をぶちかますシングル(「Not Enough Time」、「Body of Conflict」、「The Theme」、「So Get Up」、「Falling Back」など)や、シーンを席巻している定番の「Be Your Sound」、「Fire Wire」、「Exploration of Space」によって、これまで、彼らのエレクトロミュージックの殿堂での地位は揺らいだことがない。 2013年後半から2014年前半にかけて、コズミック・ゲートは他にも、「Wake Your Mind」を新次元に進化させ、#WYM エフェクトを巻き起こした。数々のレイヴ出演の後、ソールドアウトが連続した「ウェイク・ユア・マインド・イン・コンサート」ギグに迎えられた彼らは、つ いにWYMレコーズを立ち上げた。Armada Labelグループに付属する形のこのレーベルは、フリーな思考、ボーダーレスな音楽が生まれる場所になると予想され、そしてその直後、その予想が1st リリースによって裏付けられた。メディアから次々に絶賛され「So Get Up」は、ファンからもメディアからも、まさしくコズミック・ゲートが音楽を追求するために歩んでいく、新たな道としてとらえられた。 最近では、#WYMは「ウェイク・ユア・マインド・レディオ」という番組まで放送しているほどだ。フルフォーマット放送のこの番組は、60分にわたり、 ニックとボッシが語り合い、フロアを熱狂させるトラックを流し続ける。初披露のミュージックプレミアや、WYM精神のディープサイドを反映したトラック も。Sirius XM、DI.FM、その他多数の局で放送されているこの番組は、ツアー直前や真っ最中のギグの総合情報、ニックとボッシによるその週の激推しトラック、他 にも、Throw Backウィークリー・クラシック、彼らのプライベート・プレイリストなどの特集を提供している。