ARTISTS
< >

Nax_Acid

Aconito Records / Phorma / Informa / Kontrafaktum / UK, ITA

Nax Acidこと、Andrea Ruffinoは、17歳の時にAphex Twinのアルバムを聴き衝撃を受け、ハードコアやエレクトロ、ドラムンベースからテクノまで幅広くレコードを買い集め、DJとしての活動を開始した。2004年ころからは自分の独自のスタイルを確立し、ディープミニマル、アシッドテクノ、デトロイトテクノを彷彿させるようなトラックを作り始める。2005年には彼の母国イタリアからロンドンに移住。そこでChris SperoとAntony Sergeantによって運営されていたKompaktディストリビュートによるレーベル、DISAPPEAR HEREの一員に加わった。2006年にはDISAPPEAR HEREよりリリースされたオムニバスEP、Friends & Crocodilesに参加。初のリリースを果たし、ロンドンのアンダーグラウンドテクノシーンにおいて話題の作品となった。そして2007年からは自身のレーベル、Aconito Recordsを立ち上げ、エクスペリメンタルなテクノやミニマル、さらにはアンビエント、エレクトロニカをアトモスフィアに通過したフロア向きのトラックを次々とリリース。自身の作品を中心にGiorgio Gigli、Deepbass、Obtane、Claudio PRC、Nessなどの作品やコレボレートトラックも多数リリースしている。またDJとしては、ロンドンを中心にドイツ、フランス、スペイン、イタリアなどでのギグをこなし、気になる野外イベントとしては、ロンドンで新たなアンダーグラウンドパーティーとして注目のDazed and Confuzedの1周年オープンエアに、DJ Pete a.k.a SubstanceやMarco Shuttleらと共に出演を果たした。今回は初来日にして野外でのプレイということもあり期待は高まる。

 

Nax_Acid aka Andrea Ruffino, born in 1982, started playing electronic music when he was 17, after hearing classic early Aphex Twin albums. Since then he started collecting vinyl and playing every kind of electronic music from hardcore to electro, from drum & bass to techno. In 2004 he started making deep minimal, acid and Detroit techno influenced tracks. Following his deep interest in music technology, in 2003 he obtained a Diploma in sound engineering, and then he worked in different studios and concerts. In 2005 moved to London from his native Italy and started to work for ‘Disappear Here’ record label (Kompakt). His first release in December 2006, “Friends & Crocodiles”, was well received by the underground London techno scene. During his University course in Sonic Arts he came in contact with different artists and different fields of electronic and
 sound arts, with new technologies and different ways of creating music. That experience pushed his experimental approach to music forward and he started to shape what his music is today. Since 2007 he has started to realize his own label project, called Aconito Records, a platform in which there was no restriction on sound and creativity for himself and his artists.