ARTISTS
< >

二階堂和美

天真爛漫~自由奔放というイメージから神秘的、叙情的、そして時には狂気(!)な雰囲気までも併せ持つシンガー。ジャンルにとらわれない音楽性と、優しくも力強い歌声で国内外から幅広く支持されている。 2004年に地元広島へ居を移し、現在までに単独作として12作品を発表。中でも全曲を作詞作曲した2011 年発表の『にじみ』がきっかけとなりスタジオジブリ映画『かぐや姫の物語』の主題歌(「いのちの記憶」 作詞作曲・歌唱)へ起用されるなど、広く知られるところとなる。『にじみ』は2013年、DVD付の『に じみ デラックス・エディション』として再発、さらに2015年には2枚組のアナログ盤が発売されてい る。 2015年7月には、RCC中国放送の“被爆70年プロジェクト”テーマソングとして、「伝える花」をシング ルでリリース。HPにてピアノや合唱用の譜面も無料公開している。同年12月26日より、自身初のライブ DVD『二階堂和美 歌のパレード~いつのまにやら15年~』をライブ会場限定販売にてリリース。また現在放送中のTVCM「サントリー GREEN DA・KA・RA やさしい麦茶」や「サッポロ一番」でも 歌唱を担当。地元では、市のイメージソング制作や、中国新聞でのエッセイ連載など、地域に密着した活 動も展開中。浄土真宗本願寺派の僧侶でもある。