ARTISTS
< >

ツジタナオト

SIX

90年代後半より関西圏を中心にVJとしての活動を開始。VJとしての活動開始当初からテクノ、ミニマル、クリックに対するMIX WORKを得意とする。全体の大きな流れを常に意識して繰り広げる実験的映像のMIX WORKは、リアルタイム性とクオリティにこだわり、可逆的に構築されるモノクロノームの映像は時としてグルーヴを帯びながら、視覚を覆う閃光として変異的な侵食を魅せる独自の世界観として緻密に放たれている。VJとして西日本を中心に活動しながら、ミニマル、クリックを中心とした自身のテクノパーティ「inMINUS」を2012年に立ち上げ、オーガナイザーとしても活動する他、岡山でのレギュラーパーティ「High Resolution」レジデントVJ、そして県内外のさまざまな地下パーティに出演している。2014年より盟友DJ ZENとともにAudio Visual Unit「SIX」を結成し、2015年にはSIXの2人がレジデントとして新たな表現を発信していくための不定期パーティ「UMBRA」を立ち上げ、さらなる今後の活動が期待されている。また映像クリエイターとしての一面も持ち、2011年9月には、YouTubeにてCreative CH「DJ WADA × VJ ツジタナオト」を開設。DJ WADA(sublimerecords/dirreta/co-fusion) とのクリエイティブなコラボレーションを積極的に行い、DJ WADAのオリジナル楽曲のミュージッククリップを制作し公式にアップロードしている。その中でも2011年11月にアップロードした"Beetbeats"は公開後、YouTube上のSUBLIME RECORDS公式チャンネルSUBLIME RECORDS OFFCIALにもUPされ各方面から高い評価を得る。また2014年から始動したDJ WADAのセルフ・レーベル「dirreta」から発売されている楽曲DRTシリーズのミュージッククリップをすべて手がけ、それと同時期にYouTubeからVimeoへ作品のアーカイブを移設。2016年発表のDRTシリーズ第3弾"the blue door"のミュージッククリップは宇川直宏主催のDOMMUNEにてフルバージョンで放映されるなど、新たなクリエイティブの一面の発信し続け大きな反響を得ている。その他にも、アートディレクター、グラフィックデザイナーと活動は多岐にわたるが、あらゆる表現活動において一定の独自の世界観を提示し続けている。