ARTISTS
< >

Cassegrain

Prologue

バルセロナのRed Bull Music Academyにて必然と出会った彼等はベルリンを拠点とするデュオ。Prologue Musicをベースとしリリースをしてきた中でもダブル12”「Tiamat」が最も注目された。Prologueとは別に、Modal Analysis、M_Rec LtdやSemanticaなどと定評のあるレーベルとも関わり、Tin ManとのコラボレーションではKillekillからリリース。Cassegrainのハードウェアをベースとしたライブセットは手の込んだプレイスタイルでベルリンのBerhain、バルセロナのSonar Festival、東京や台北のオーディエンスを楽しませてきた。

2014年はリミックスを手掛け、彼等の楽曲もリミックスされ、5月には「Tiamat Remixes」がリリース。その後 「Blood Distributed as Pure Colour」というEPをリリースし、デビューアルバムとなる「Centres of Distraction」を11月にリリース。

Ostgut TonからリリースされたBerghain 07 mixed by Functionに、Cassegrain & Tin Manの曲がフィーチャーされた。それがきっかけとなり、FunctionがInlandと共にやっているレーベル Infrastructureがリリースされた。