ARTISTS
< >

De Hofnar

De Hofnar(デ・ホフナール)ことJeroen Massの音楽制作の歴史を紐解くと幼少の頃まで遡ることになる。エレクトニックサウンドとクラシックミュージックの両方を聴いて育った彼は、自らのイメージを現実の世界に落とし込んでいく手段として、次第にハウスミュージックにのめり込んでいく。メロディアスでコンテンポラリーな彼の作る楽曲とオーディエンスを魅了することを第一に置いたDJセットがヨーロッパで彼の名前を著名にすることに時間はかからなかった。Macklemoreの「Same Love」や John Legendの「All of Me」のリミックスは彼の名前を一躍シーンに轟かせ、Robin SchulzやKlingandeといったアーティストからの熱狂的なサポートを受けることになる。そして2014年にはSpinnin DeepからSam Feldtとの共作「Bloesem」をリリースし大ヒットを記録。その翌年にはArmin Van Burrenが主催するDeep Houseレーベル、Armada DeepからGoodluckとの共作「Back in the Day」をリリースし大きな反響を呼ぶことになる。同曲は多くのヒット曲が並ぶTropical Discoのコンピレーションにも収録されることが先日発表されたばかりだ。そんな飛ぶ鳥を落とす勢いのヨーロッパの新星が、東京は豊洲の白い砂浜の上で本場のメロディーとバイブスを日本で初公開する。