ARTISTS
< >

鴨印振族

カモジルシシンゾク/関西を拠点に活動するアサラト集団。
2010年、京都、鴨川において結成。関西発世界へ向けてアサラト発信中!台湾、香港、マカオ、イタリア、オランダ、チュニジア、オランダ…2016年にはアサラトの生まれ故郷であるセネガルに到達!渡り鳥スタイルでライブ、ワークショップを中心に活動中。

「アサラト」
アサラトは、ガーナ、セネガル、マリなどのアフリカ発祥の民族楽器。別名、パチカ、テレヴィとも呼ばれる。木の実を紐でつなぎ合わせたシンプルな打楽器で、現地では子ども達の玩具としても使用されている。人差し指と中指の間に紐を通すように持ち、二つの玉をぶつけて音を出すことで、マラカスとカスタネットを同時に演奏しているような感覚で楽しめる。

Asalato, otherwise known as Patica or Televi, is a traditional instrument that originated in Western Africa.
It is a simple instrument made of nuts connected by a string, and it is also used as a toy for children in Africa.
Musicians make sounds with this instrument by holding it between the index and middle finger and hitting one ball on the other.
Asalato creates two types of sounds, like a maraca's shake and a castanet's click.
Players enjoy producing multiple rhythms with these different sounds.