ARTISTS
< >

JUN NISHIOKA

10代半ばでBlack Musicに深く影響を受け、90年代後半よりクラブDJとしてのキャリアをスタート。Houseをベースに、ChicagoからPsycheDiscoまで幅広く斬新にトラックを厳選し、メロディアスかつグルーヴのあるプレイでオーディエンスから高い評価を得ている。これまでYellowでJOEY NEGROやSYSTEM7、AIRでQUENTIN HARRISなど国内外の著名アーティストたちのメインアクトも数多く担当。2006~2011年までAIRにてレギュラーパーティーを勤めるほか、近年は青山OATHを中心に活動。2013年秋より、山梨県大渡キャンプ場にて野外イベント"dub i dub"を主催。