ARTISTS
< >

OLAibi

1995年からセッションバンドAOAで5年以上パフォーマンスし、FujiROCK-festival、レインボー2000等様々な野外イベントに出演し、 4枚のアルバムをリリースしている(commaレーベル)。その後OOIOOのドラマーとして国内外で演奏する。また、自身のソロユニット”OLAibi”として1st Album「Humming moon drip」では、ハンドドラム(コンガ、ジェンベ、ブカラブ)に重点を置き、全ての太鼓に音程を付けてメロディラインからベースラインまで、全て太鼓のみ での表現し、従来の太鼓物の観念をひっくり返すような、”太鼓の歌物”というべきジャンルを確立。ミュージシャンやDJの間 でも話題に。2nd Album 「Tingaruda」では、その世界観に一層広がりを持たせ、民族音楽とアバンギャルドの新たな融合を表現した。3rd Album(2012年10月リリース)は、今までとは全く異なる録音スタイルで、自身が全てmixまで手がけた初のエレクトロ作品で、ゲストに加瀬亮、高木正勝、ハナレグミ、カヒミカリイ、Oorutaichi、YTAMO、AyA(OOIOO)、滞空時間の川村亘平、濱元智幸、という異色なラインナップで新しい試みに挑戦した。現在、鳥取県の大山の森の中に拠点を移し、”HUT SBALCO design”として、音.衣.食.住を一直線上に置き、音をデザインする活動をしている。