ARTISTS
< >

MIHO HATORI

NYの伝説的なバンド、チボマットのヴォーカリスト。ハトリミホは、ニューヨーク在住。94年に渡米、ニューヨークのダウンタウンで チボマットを本田ゆかと結成。ワーナーブラザーズと契約し、メジャーデビュー、世界中ツアーをしてきた。その他にも、2001年にベックのバンドメンバー、スモーキー・ホーメルとスモーキー&ミホというブラジル音楽に影響されたバンドを結成。2003年には、日本でもフォーライフレコードから、LP 『人間の土地』を発売。2005年には、ソロアルバム、『ECDYSIS』を発売。(日本ではビクター、現在、スピードスター)彼女のボーダレスな思考は、様々なコラボレーションを生み出してきた。ビースティーボーイズを始め、ゴリラズで参加した『19-2000』は、世界的な大ヒットとなった。ジョン・ゾーン、ハンサムボーイ・モデリング・スクール、最近では、ブルックリンの実験音楽シーンのZ’sとコラボしたりもしている。2016年10月にリリースされる彼女の新しいソロ・プロジェクト、ニューオプティミズムの初EP、『AMAZON TO LeFRAK』 では、HOWLING という曲を、ヴァンパイア・ウィークエンドのロスタムと共作している。プロデューサーとして東映映画『神童』や、デレック・シモダのドキュメンタリーフィルム『June Bride』、アレクシ・タン の映画音楽なども制作してきた。その他、日本では、城南海、日暮愛葉の曲のプロデュース、UAへの曲の提供、ATAMI とバッファロー・ドーターのコラボなどもしている。音楽の他にも、同じ名前、ニューオプティミズムで、ファッションブランドも展開。2016年のベルリンビエンナーレでは、日本人アーチスト 荒川医(えい)のミュージカルに参加。NYのエースホテルでは、アートショーのキュレーションなど、あらゆるメディアで活躍している。