ARTISTS
< >

Sunao Inami

兵庫県生まれのサウンドデザイナー。13歳でシンセサイザーに触れる。アナログ/デジタルの双方に深い造詣を持ち、なかでもWavetable Synthesisにおいては世界有数の使い手である。98年、ベルギーのレーベルSubRosaよりアルバムをリリース。00年以降はヨーロッパ、アメリカ、台湾などでもライブを展開、各地で好評を博す。09年3月はポーランドでのフェスティバルにてZ’EV、ZOVIET FRANCE(REFORMED FACTION)らと共演。また、舞踏家、美術家らとのコラボレーション、インターネット上での音楽表現の研究、キーボード専門誌への執筆等、活動は幅広い。自身のレーベル&ディストリビューション『electr-ohm』を主宰し、国内入手困難なインダストリアル/IDM系作品を紹介している。そのストイックな活動と音が、東京のディープな音楽フリークを驚かせ、虜にしている。2009年5月のBULLET’S 10周年では、Q’HEY、AUTORAらと、その後も、煙巻ヨーコ、KEIHIN、モーリー・ロバートソンらと共演。日常は利便性の悪い兵庫県の中山間地域で100種類以上の世界の唐辛子や珍しい野菜を栽培、出荷、webで販売中。