ARTISTS
< >

Jellybean Benitez

MadonnaをスターにしLouie Vegaの師匠でLarry Levanの盟友。
Larry Leavanが「PARADISE GAREGE」でガラージサウンドを確立していた時期 「STUDIO54」「FUN HOUSE」でレジデントを務め、当時最先端の「フリースタイル」サウンドを確立。ディスコ、ハウスの枠に止まらずMichael JacksonからTalkig Heads、Whitney Houstonなどトップアーティストによるポップ・ミュージック界に於いても12インチ・リミックスを浸透させた立役者。84年自身のアルバム「Wotupski?」が全米ディスコチャート1位を獲得。DJとしての現場経験と技術に自身のセンスやアイデアをプラスし良質のダンストラックを量産するリミキサーとしてして音楽業界で確固たる地位を築く。同時にMadonnaのデビューに尽力したプロデューサーでフィアンセとして時代の寵児となる。以降ハリウッド映画の音楽監督としてCarlito’s Way(カリートへの道/主演アルパチーノ)、 Get Carter(追撃者/主演S.スタローン)等でも名声を博す。
1984年世界中で話題となったNY最大級のクラブThe PalladiumのオープニングDJに抜擢された際、Larryに協力を仰ぎ以降、度々とともにプレイ。2001年David Mancusoに乞われ、THE LOFT初のオフィシャルゲストDJとしてダンスシーンに復帰。以降Louie Vega とNYでレギュラーパーティを開始。
現在はマイアミとNYをベースにイビザやロンドンでも精力的にDJ活動を行い、昨年のRBMA NYのFUN HOUSE Reunion Party、本年のBoiler Room出演と再評価が再燃。今回はイビサでのGlitterboxのレジデントを1週休んで30年ぶりにDJとして来日が決定。