ARTISTS
< >

Quentin Harris

現在、BlazeやMasters At Workに迫る勢いで大ヒット曲のリミックスを手掛けるNY在住のDJ、プロデューサー。The ShelterのTimmy Regisfordからの信頼も厚く、Ristricted Access、Un-Ristricted Accessのリリースを中心に共同プロデューサー/リミキサーとしても活躍。代表的なリミックス作品はDonnie 「Cloud 9」「Rocketship」、Sting 「Send Your Love」「It's Probably Me」、Jill Scott 「Golden」「Whatever」「Not Like Crazy」、Patti Labelle 「New Day」、Femi Kuti 「Traitors of Africa」等。また、自身のプロデュース作品とオてもQuentin Harris presents Cordell McClary 「Traveling」、Quentin Harris 「The Shelter Anthem」等、いずれもここ数年大ヒットを記録した楽曲ばかりである。
現在はNY在住であるが、もともとミシガン州デトロイトの出身で、シンガーの母、ミュージシャンの父を持つ音楽一家に産まれ育っている。ロックからジャズに至るまで様々な音楽を聴いて育ち、5歳でピアノを始め、他にもトランペットやサキソフォン、ドラム等をプレイするようになる。デトロイトのDJ、 Mike HuckabyとMike "Agent X" Clarkeの影響を受け、プロデューサー/アーティストとして活動することを決意。ヒップホップアーティストとして、メジャーレーベルと契約前であったSlum Village、Eminem、そしてD12のメンバー等と活動を共にし、彼らのグループはThe Bio Chemistと名乗っていた。その後NYへ移住し、ヒップホップグループThe MastermindsのDJ/プロデューサーとして活動。1999年アルバム『The Underground Railroad』のプロモーションツアーに参加するものの、ツアー後脱退。独立してからはハウスミュージックのリミキサーとしても注目され、飛ぶ鳥を落とす勢いで素晴らしい作品の数々をリリースし、DJとしてもTHE SHELTERを中心に活躍している。2005年『Southport Weekender』[Susu Recordings]のミックスも手掛け、ヨーロッパからも多数のオファーがくる人気DJとなっている。あのティミーが見込んだ才能の持ち主であるだけに、必ずや次世代を担うアーティストとして要注目だ。