ARTISTS

Hisashi Aochi

ルーツとなったのは、ブラックミュージックに由来するデトロイトテクノ。卓越したゲストや熟練のローカルと出会う中で、マシーングルーヴの虜になる。
2009年よりテクノやハウスを軸に関西のクラブを中心にDJ、ライブ活動を開始。
Ben Klock, Alan Fitzpatrick, Joseph Capriati, Ben Sims, Dave Clarkeなど、シーンきってのDJが関わった国内レーベル“Torque”から2014年に初リリース。クルーの一員としてレーベルナイトに出演、関西のテクノシーンの一端を担う。2017年からはCLUB METROの『SeQuence.』のレジデントを務める。また、トラックメイカーやエンジニアとして映画やCMなどにも楽曲を提供。
2020年にはRichie Hawtin, 石野卓球, KEN ISHIIから支持を受けるアーティスト、Hiroyuki Arakawaのレーベル“SPECTRA”のコンペでグランプリを受賞する。
デイジョブとしてブルースやジャズと強く結びつく京都の老舗総合音楽スタジオ「株式会社ラグインターナショナルミュージック」ウェブメディア事業部に勤務。運営に従事、編集者としてダンスミュージックを専門に記事の執筆・監修を行う。