ARTISTS
< >

Hisashi Aochi

TRONIC, SPECTRA, soO

関西を拠点に活動する日本のDJ・プロデューサー。
2009年よりDJ・ライブパフォーマンスを開始。Ben Klock, Alan Fitzpatrick, Truncateへの来日サポートをはじめ、Ben SimsDave Clarkeなどがリリースした大阪のレーベル“Torque”から2014年にデビューする。

2017年からは4年間に渡り、CLUB METROのレギュラーパーティー『seQuence.』のレジデントDJを務め、フレンチ・エレクトロニックに影響を受けた世代とともに地元、京都で幅広いダンスミュージックをリコメンド。多彩な音楽を表現する次世代のオリジネーターをゲストに迎え、平日にもかかわらず盛り上がりを見せ、次第に週末の人気パーティーへと成長させた。

2019年の暮れには『seQuence.』で共演したプロモーター、sintaro fujitaとCLUB METROの制作も行う、CeeeSTeeの3名でコレクティブ“soO”を結成。メンバーが参加したスプリットEP『session 00』をリリースし、COVID-19により苦境に立たされる中、京都から世界へ向け、各々のホームスタジオからのプレイをスムーズに繋いだバーチャルローンチパーティーを配信する。

2020年には、Frank Muller石野卓球, KEN ISHIIから支持を受けるプロデューサー、Hiroyuki Arakawaが主宰するレーベル“SPECTRA”のレーベルコンペティションでグランプリを受賞。CIRCUS TOKYOにてスペシャルゲストとして出演し、『BARKS』をはじめとする国内のメディア、スペインの『Mosssaic Magazine』でも大々的に取り上げられた。

その後、Christian Smithが主宰するスウェーデンのレーベル“Tronic”の25周年を記念した、Drunken Kongのリミックスコンテストで、300組を超えるエントリーの中から楽曲が1位に入賞。初となる海外リリースを経験し、Beatportの『Week End Pick 100』『Electronica Top 100』にチャートイン。Juno Recordsの『Recommends TECHNO』ではCharlotte de WitteKölschJoseph Capriatiの作品とともに紹介され『Mixmag Japan』や、J-Waveの『TOKYO MAAD SPIN』、ライブ配信サイト『GH Streaming』でも話題となった。

また、『Tronic Radio』でエクスクルーシブなDJセットを披露した際には、Christian Smithから「大きく異なるセンス」と評価を受ける。

これまでにコンポーザーやサウンドエンジニアとして映画やCMなどに楽曲提供しており、編集者としてダンスミュージックを専門に記事の執筆、監修も行っている。