ARTISTS
< >

Dave Miller

Background

世界有数の僻地、はたまた隠れリゾートシティとされる遥かオーストラリア西海外の 都市パース生まれ。90年代は主に週末はシカゴハウスやデトロイトテクノを楽しみ、 平日はIDM系エレクトロニカを聴き漁り、アルバイトして購入したサンプラーでデモ トラックを作成しはじめた。ある日~scapeのJan Jelinekに注目され、渡したデモト ラックCDがAndy Vazの手に渡り、Backgroundレーベルから"Grey Summer EP"でデビューすることに。このときまだ二十歳になったばかりの出来事であった。その直後 に"Jigsaw Music EP"をリリース。単にディープ?ニマル、クリックの三拍子ではなく、どちらも覚えやすいコミカルでポップなフレーズが特徴でクリック系以外の ファンからも強く支持された傑作となった。その後のMILLER & FARMでのリリース以降はアルバム制作に専念し、2005年4月に"Mitchells Raccolta"をCD、アナログ両方でリリース。細かく裁断されたオーガニッ クテイストなジャズやファンクサウンドとクリック音響の融合がテクノ至上かつてな いほどに絶妙なバランスで成功。ダンス系クリックテクノファン以外のエレクトロニ カ系リスナーにもJan Jelinekをも超えたポスト・クリック~ポストエレクトロニカ 歴史的名盤としても高く評価された。同アルバム完成後はライヴアクトもより一層柔軟になり「緩く暖かく踊れる」志向へ と。アルバムはラウンジテイストだがライヴセットではそれらがダンス的に機能し、 優しいオーガニックなグルーブに身も心も満たされることだろう。