ARTISTS
< >

Frank Muller aka Beroshima

muller records, acid orange, cocoon, soma , mad musician

プロデューサ、DJ,Live P.A,としてベルリンのシーンのCPUとして90年代初頭から活動を続けているFrank Muller aka Beroshima.
Beroshima名義のテクノバンドにはウルリッヒ・シュナウスも交える事もあり現在に至るまで第一線で活躍をする。またレーベルオーナーとしても、ACID ORANGEを筆頭に、Muller Records等を成功に導く。2007年、Cocoonより発売された”Horizon”は、Cocoonで最多のセールスを記録。Francois.K, Danny Howells, Sven Vath, Funk D'void,Technasia達により、mix CDにコンパイルされる等して同年Ibizaのヒット1位に選出された。このリリースによりハウス界に支持される様になる。Nic Fanciulli,Sasha,James Zabiela,のプレイリストにも頻繁に名前が出る様になった事は本人にも新しい開拓であった。翌年リリースされた”Moonraker Ep”は北ヨーロッパのメディアにベスト・ハウスプロダクションとして選定される。2012 年境界線のないダンスミュージック、マーケティングの為にジャンル化、ハイプ化されてみつかりにくくなった良質のダンスミュージックの発信をミッションとしたレーベル”MAD MUSICIAN”発足。選ばれるアーティストは、センスにあふれた製作&パフォーマンス能力、裏打ちされた幾多の経験と新しいことに先を見いだす許容量とスピリットを持ち合わせ、製作&パフォーマンスする本人達が最も楽しんでいる事。これまでに始動して7ヶ月の間にKIRK DEGIORGIO,TIGERSKIN, FUNK D’VOID, ULRICH SCHNAUSS 、KEN ISHI がリリースされた。現在すべてのアナログがすべてソールドアウトという快挙を記録している。同年 アルバム“Polyphonication“をリリースする。2013 年デビュー20 周年を迎えると同時に アルバム “Real 2 Reel”を発売する。音の立体感、有機感、温度感を出すためにレコーディング過程には暖かみのあるアナログシンセ PPG2.2,Matrix 12 oberheim 等を選んだ後は、相性の合うアナログミキシングデスクとアナログテープレコーダーを使用するなど、細部までこだわり続けた。ビジュアルと音源を極限までシンクロさせた本作品は、世界中のアーティストやリスナーから支持されて、リクエストに応えて何度もリプレスをした。この数年はCMの音楽制作や、映画のサウンドトラックの制作に携わるなど、フィールドをさらに広げる20年目をスタートする傍らカルトレーベルとして知られるACID ORANGEを18年ぶりに再始動した。Muller Recordsからは今年日本の若手コンポーザーHiroyuki Arakawaを発掘しフルアルバムを12/22にリリースする。2014年も日本、インド、メキシコ、アラブ首長国連邦、フィリピン、ヨーロッパ全域のフロアをとどまる事なく回っており2015年にはUKのフェスなどにも出演が決定している。