ARTISTS
< >

DJ Shu-ma

アジア圏では数少ないFunky、Tribal、Tech-houseをミクスチャーするIBIZA仕込みのバレアリック・スタイルなDJプレイを得意とする。2005年のAmnesia Ibiza Japan Tourに参加。2009年にスペイン・バルセロナのプロデューサーOliver Schmitzとの共同名義でRobbie Riveraが主宰するJuicy Musicより"Tokyo Connection"を発表。重鎮Carl Cox のレコメンドにより世界のTOP DJ達にプレイされIBIZAを代表する2大クラブAmnesia、SpaceのコンパイルCDにダブル収録されるという快挙を達成。同時期にSpinnin Records (Holland)やStar 69 Records (USA) などの有名レーベルにRemixを提供、いずれも世界最大のダウンロードサイトBeatport Top 100にチャートインを果たす。2009年よりHed Kandiの創設者として知られるMark Doyle主宰の"Fierce Angel Records"オフィシャルDJに加入。これまで計3度に渡るクラブの聖地IBIZAでのプレイを始めアメリカ、オランダ、韓国、ロシアでのDJギグも好評を博す。また世界各国のRadio ProgramへのMix Show提供なども積極的に行っている。またTimmy Vegas (Soul Central)、Bagagee Viphex13、Yas Cepeda等海外アーティストとのコラボレーション活動やKing Street Sounds (USA)、Bump Trax (UK)、Rezonation Music (UK)、Housesession (Germany)、Warner Music (Japan)、Bass Works recordings (Japan)等 国内外のレーベルから作品を発表しUmek、Roger Sanchezなどのトップアーティスト達のサポートを受ける。2014年にはヨーロッパの人気レーベルHotfingers、Bedroom Muzikからリリースしたオリジナル楽曲がAmnesia Ibiza 2014コンピレーションアルバムに2曲同時収録される。2015年に全世界規模で開催されたDJ SNEAK Beatport Remix Contestにて参加540作品の中でWinnerを獲得するなどJapanese Ibiza Style DJとして精力的に活動中。