ARTISTS
< >

Gaiser

M_nus/Resopal Red

‘AND ANDWER’でRICHIE HAWTIN主宰のMINUSからのデビューを果たしたミシガン出身のJON GAISER。彼の音楽のバックグラウンドにはパーカッションがある。10代でドラムを始め、バンド活動を始める。音楽活動を進める彼が探究心を示したのはドラムマシーンであった。彼のサウンドにみられるデジタルなサウンドと楽器との絶妙なバランスには彼の長年にわたる音への探求心が伺える。ミシガンに拠点を置きながら、90年代半ばからRICHIE HAWTIN主宰のレーベルPlus 8 や Minusにも縁のあるデトロイト・シティへも頻繁に赴きデトロイトテクノから影響を受ける。キックドラムからの弾けるビートとリズムと対角をなす静的なポーズからなる絶妙なバランスや、もう一つの代表作‘Egress’でみせた、バズとビートの上を言葉と旋律が交互に見え隠れしながら展開するサウンドに彼の柔軟な感性と遊び心を垣間みることができ、その卓越された彼のテクニックは圧巻。躍動的でありながら完全にコントロールされたサウンド、音色の多様性は聞く者を魅了し惹き付けてやまない。