ARTISTS
< >

THE PRODIGY

リアム・ハウレット(Writer&Producer&Mixer)、キース・フリント(MC&Dancer)、リーロイ・ソーンヒル(Dancer)、マキシム・リアリティ(MC)によるザ・プロディジーは、91年に「What Evil Lurk」でデビューを果たし、ハード&アグレッシヴなブレイク・ビーツ・サウンドで、瞬く間にアンダーグラウンドからメジャー・シーンにのし上がった。

いち早くドラムンベース、ビッグ・ビートのスタイルを実践。92年にファーストアルバム「Experience」をリリース、デビューアルバムにして全英トップ10にチャートイン。95年にはセカンドアルバム「Music For The Jilted Generation」で念願の全英初登場1位を獲得、同時に世界中でその名を知らしめる。

フリントが初めてヴォーカルをとった曲、『Firestarter』が全世界で大ヒット、その収録アルバム『The Fat Of The Land』(97年)は、エレクトロニック・ダンス・ミュージックの垣根を遥かに超え、全英初登場1位、そしてイギリスのアーティストがなかなかなし得ない 全米チャート1位も獲得。なんと、全世界22カ国で初登場1位というモンスター・アルバムとなる。

この作品でエレクトロニカのみならずロック/オルタナティヴのリスナー層からの支持も獲得——90年代のUKカルチャーにおける最大の エポック・メイキング的作品となった。常にチャートのトップを独占しながら、エンターテインメント性満載のエキサイティングなステージ・パフォーマンスとサウンドで世界を席巻。フジロックをはじめ、多くのフェスティバルの大トリを飾る。