ARTISTS
< >

元気ロケッツ

音と映像の融合を実現したハイブリッド・プロジェクト。
プロデュースを手掛けるのは、音楽とゲームの融合を世界的に続けてきたクリエイター水口哲也と、様々なアーティストを手がける音楽プロデューサーにして、クリエイター集団アゲハスプリングス代表の玉井健二。
2010年5月、世界初の3D+フルCG+5,1chミュージックビデオ「make.believe」を発表。近年、その活動範囲は日本にとどまらず世界中におよび、2011年9月7日ついに約3年半ぶりとなる待望のセカンドアルバム「Genki RocketsⅡ - No boader beween us -」をリリース。